今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
電動ハンマー

電動ハンマーの買取

電動ハンマー買取

電動ハンマーとは?

電動ハンマーとは?

ハンマーとはとんかちの事で、釘を打つ時などに使います。細い物を打つのでどうしても人間の手で操作する物です。また解体工事や家具等を壊すときにも使います。これに比べて電動ハンマーは道路工事の現場などで、コンクリートなどに打ちつけて破砕、穴あけやはつり作業に使うものです。回転と共にドリルの刃が前後に振動してコンクリートに穴を開けて行きます。物を打ちつけて壊すという作業をはつりと呼んでいることから、この電動ハンマーをはつり機と呼ぶこともあります。

電力を使ってスピード感がある振動と共に、対象物に付けてコンクリートなどを打ち砕く物で、ドリルの先にニードルが着いており、それをコンクリートの押し付けるようにして破壊していきます。現在は低音、低振動の物が出てきていますが、以前はかなり音が大きく振動もありました。

他にも電動ハンマーの様に、ニードルを物体に押し付けて破壊する物は電気ドリルなどでも対応できますが、電気ハンマーは廃材ブロック、いらない庭石やコンクリート、道路と言ったものに特化した破つり機といえます。道路工事、ビルの解体作業には必要な物です。この電動ハンマーがないと道路工事などは進まないと言っても過言ではありません。電気ハンマーで行う破つり力の強さをハツリ量と表現し、パワーの強さをあらわす目安になっています。

道路工事や解体作業で使う電動ハンマーはパワーもある分、大きさも大きくまた価格もかなりします。コンクリートに対応できる物なので、非常に頑丈で長持ちします。また破棄するとなると自治体に費用を払う必要があります。電動ハンマーは中古であっても問題なく使える事が多く、使わないものは買取に出しリサイクルしている会社も多いようです。

この様に硬いものを破壊することに特化している電動ハンマーですが、最近は工事現場だけでなく、DIYの人気と普及により小型化された一般家庭でも使えるものも販売されています。

電動ハンマーを高価買取してもらうポイント

電動ハンマーを高価買取してもらうポイント

製品を高く買い取って貰うポイントは、有名ブランドであり、かつ最新式の製品のものです。例えば、マキタや日立工機やBOSH(ボッシュ)の電動ハンマーで使い勝手が良く、製品の寿命が長い物である程、良いと言えます。
勿論、ブランド製ではなくても、高く買取って貰える製品もありますが、高性能で使用しやすくて便利なことが条件です。

また、傷や汚れ、損傷している部分はないかどうか、保証書や取り扱い説明書、付属品などがきちんと揃っているかどうか、本体ケースに綺麗に保管されているかどうかが、チェックポイントとなります。

電動ハンマーがしっかりと作動するかどうか、綺麗な状態になっているかどうかを査定前に確認することが重要です。

電動ハンマーを買取したお客様の体験談

3年近く程建設業に携わっており、日雇いから正社員に昇格してから職場の移動に伴い、中古の電動ハンマーが沢山ありまして、どうやって処分をしていいのか、悩んでいました。

現在、努めている職場では、これまで使用していた中古の電動ハンマーやその他の電動工具類を処分して、新しく買い替えることを検討しているところでした。

すると、職場の上司が「処分すると勿体ないから、どこか買取ってくれるところを探して欲しい。」と命じられ、電動ハンマーの中古買取で調べてみたところ、御社と巡り合うことが出来ました。

全て、作動するのですが、使用感が割とあった方なので、その旨を伝えてみたところ、「綺麗に磨いてあれば、問題ありませんよ。」と査定スタッフの方が言ってましたので、アドバイスに従い、今回は、20点以上もある電動工具を会社から送ることにしました。

思っていたよりも、高い価格で買い取ってくれましたので、「お蔭で倉庫や物置がとても片付いた。助かったよ。」と上司から褒められました。

まだまだ、下っ端の見習いのような自分でも会社の役に立つことが出来たので、自分自身としても自信がもてました。また、何かあれば、相談にのって頂けたらと思います。

代表的な製品

日立工機

ハンマ H65SB3 大型、重量共に打撃力をアップします。コンクリートに食い込むと人気です。

ボッシュ 

はつりハンマー GSH5XN ワンタッチで先端工具の交換が可能。耐久性も高くコンクリートの破壊に適してきます。

マキタ 

電動ハンマ HM0830 軽量なのにパワフルなはつり機として知られています。

リョウビ 

コンクリートハンマ ケース付き CH-462-A ソフトグリップが付き操作性が向上。軽量なコンパクトサイズです。

付属品やオプション品

付属品としては、二重絶縁やグリスパック、サイドハンドルやスパナ、ブルポイントが挙げられます。
取扱説明書やプラスチックケースなどがあり、オプション品には、対応ビットや六角シャンクや集塵アタッチメントなどです。

電動ハンマーの使い方

電動ハンマーの使い方

回転と共にドリルの刃が前後に振動してコンクリートに穴を開けて行きます。プロ仕様の物は街角の工事現場、ビルの解体作業等で使われます。

大変にパワーがあるもので、音も振動もあります。電動ハンマードリルは体でしっかりとハンマードリルを固定し、最初は回転数を少なめに、そして徐々に高くしていると良いかもしれません。

パワーがある機械なので安全を確認して行う必要があります。DIYで使われているものもコンパクトですが、注意が必要です。

電動ハンマーの修理方法

取扱説明書を読みながら、故障している部分を解体します。モーターが接触不良の際には、壊れている部品を取り外してから新しい部品と交換します。
ドライバーを使用して、外しにくい部分は、トンカチをゆっくりと打ちながら外します。