今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
電動カンナ

電動カンナの買取

電動カンナ買取

電動カンナとは?

電動カンナとは?

電動カンナとは、別名「電気カンナ」とも言われており、カンナ刃の部分を高速で回転させることにより、木材を削る為の電動工具と言われています。

つまり、刃物を使用する電動式の切削を目的とした機械です。また、日曜大工を行う際には、手作業でカンナをすることが難しい時には電動カンナを作業するととても簡単に作業が出来るのが大きな特徴です。

手作業でカンナを使用する際には、刃は、1枚使用して切削をしますが、電動カンナを使用する際には、刃を2枚使用して、切削をします。
切削をする際には、調整ノブを回してからけずり取る際の厚さを最大で1ミリくらいまで切削することが可能です。

電動カンナは、いっぺんに多くの木材を削ることが出来る為、作業能率が高く、建設業や大工さんによる愛用者が多いです。
更に、相ジャクリ加工や面取り加工が出来る製品ですので、とても便利な電動工具なのです。

電動カンナには、「変速タイプ」のものから「局面タイプ」のものと「一般的なタイプ」と3つの種類があるのが特徴です。

一般的なタイプの電動カンナは、作業中のモーター音が速度が速すぎると音がとても大きい為、モーターの回転速度を調節出来るようにしたのが、変速タイプの電動カンナです。
また、電動カンナを局面で加工できるようにリニューアルしたのが局面タイプの電動カンナです。
電動カンナは、カンナの幅が約80mm~約300mmで1mm~3mmくらいの深さを削ることが出来ますが、カンナの刃の幅が広くなることに伴い、電気カンナ本体は重くなるのが特徴です。

電動カンナの刃には、替刃式のタイプと研磨刃式タイプのものがあります。
電動カンナは、木材専用で手で作業をすることが大変な時に使用すると簡単で楽に作業が出来る為、作業効率も一段と上がるのでとても便利です。
但し、電動カンナを使いこなせていないうちは、思わぬ事故やケガを防ぐ為、カンナ刃の幅がおよそ10cm前後の電動カンナがおすすめです。

電動カンナを高価買取してもらうポイント

電動カンナは木を削るために使用する木工の電動工具ですが、高額査定のポイントは刃の部分のコンディションが重要です。

カンナの刃が欠けていないかどうかを確かめてみてください。電動カンナの刃には研磨式と替え刃式の2種類がありますので、研磨式であれば砥石で研いで鋭い刃が管理されているとコンディションがよいとみなされます。

また替え刃式であれば刃に不具合が出ている場合は新しい替え刃を取り付けてからの売却をお勧めいたします。

カンナ作業では多くの木くずが出ますので電動カンナの自体に木くずが溜まっていないかなどをチェックしたうえで、木くずが溜まっているようであれば綺麗に掃除をしてください。

見た目が綺麗で新しく見えるといのは高額査定へと繋がるポイ ントになります。コードが絡まっていないか、コード自体が汚れていないかなども見てみてください。

汚れているようであればふき取り掃除などをしてみてください。

電動カンナを買取したお客様の体験談

電動カンナを買取したお客様の体験談

ほとんどのショップでNG!電動工具買取ドットコムに感謝です!

土木作業をしていますが、マキタやリョービの電動カンナを一斉に新しい製品を買い替える際に、どのように処分をしたらいいのか、分からず、悩んでいました。

すると、職場の同僚が「ネットで探せば買取ってくれる業者さんがあるんじゃないか。」と言ってましたので、自宅のパソコンで電動カンナを買取ってくれそうな買取業者を当たってみましたが、殆ど断られました

もう、駄目だと諦めていたところ、電動工具買取ドットコムを知り、「中古の電動カンナがありますが、買取は可能ですか?」と伝えたところ、OKだと言われて早速、いくつかの電動カンナを送りました。

すると、思わぬ査定額でしたので、買取って貰うことにしました。

査定から入金までスピーディ!またお願いします!

電気工具のレンタル業を営んでいます。ブランド品の電動カンナからマイナーなブランドの電動カンナまであり、いくつか電動カンナをお譲りしたく思いましたので、友人から電動工具買取ドットコムのことを教えて貰いました。

もう、10台以上は中古品でしたので、そろそろ、他の電動カンナにしようと思っていました。

宅配で送付して、査定し、入金して貰うまでがとてもスピーディーでこちらとしましてもとても助かっています。

また、機会がございましたら、宜しくお願い致します。

代表的な製品

日立工機

電動カンナP20SFは替え刃式の電動カンナでとても安定した切削作業ができます。

リョービ(RYOBI)

電動カンナは作業を安全にするためにブレーキがついています。切削の深さを調節するクリックが付いています。グッドデザインのグリップで握りやすくなっています。

マキタ(Makita)

電動カンナM192は美しい仕上がりを可能にしています。

高儀

電動カンナPLA110は替え刃式の電動カンナで平面削りが得意な工具です。

付属品やオプション品

カンナ刃、超硬カンナ刃、ボックスレンチ 、 携帯用木箱、 平小ネジ 、刃研ぎ保持具、 ボックスレンチ 、 三角定規、ブレードゲージ 、キャリーケース、プロテクション用のゴーグル、移動定規(ガイドルール)、ノズルアッセンブリ 、スタンドなどがあります。

電動カンナの使い方

電動カンナの使い方

電動カンナの作業中には多くの木くずが出ますので、まずはプロテクション用のゴーグルなどをして目を守ってください。

まずは切削の深さの調節をして機種によってもことなりますが、切削の深さの調節をするノブが付いているとおもいますのでそこで深さを調節してください。

スピード調節なども奇怪によって調節ができますのでお好みの速度で作業を進めてください。最初は電動カンナの刃が木材に当たらない状態でスイッチを押して電動カンナを木材の上を滑らせてゆっくりと前へ進めていきます。綺麗な仕上げをするためには最初は切削量を深くしてまずは荒削りをします。

粗削りが終わったところで、仕 上げに浅削りをして表面をなめらかにしていきます。

電動カンナの修理方法

電動カンナはカンナ刃が壊れて交換するというようなマイナーな修理はできるかと思いますが、その他のメジャーな(モーターなど)不具合がでた場合、修理をするのは素人にはとても難しいです。
ご自分で修理せず、メーカーの修理店かまたは電動工具修理を専門としているお店で修理する事をお勧めいたします。