今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
釘抜機

釘抜機の買取

釘抜機買取

釘抜機とは?

釘抜機とは?

釘抜機とは別名ネイルパンチと呼ばれる電動工具の一種で、通常コンパネや枠組みと言った木材に打ち付けてある釘を抜き取る時にはL字型のくぎ抜きを使い「てこの原理」で釘を引き抜きますが、この作業を電動でピーディーに行うために開発された工具です。

一般的な釘抜機は電動ドリルなどの工具と似た銃のような形をしており、丈夫で長細い先端部分に釘を挿入し、トリガーを引くことで一気に釘が抜けるようになっています。
釘を抜くと言っても釘抜き機は引き抜くのではなく、板などに打ち付けられ残った釘の針先のほうに釘抜き機の先端をあてがい、空気の力で釘を押し出す原理で抜き取ります。
エアーコンプレッサーにつなげて空気圧縮の力を利用し、釘抜機内のピストンを強く押し上げ釘を押し出す原理のため、通常のL字型の釘抜きとは違い力も要らず板面も傷つきにくく一度に大量の釘を抜くときに適しています。また釘も曲がらないので抜いた釘を再利用すること可能です。

釘抜機の先端部分はかなり頑丈に作られているため、曲がった釘を先端部分に挿入し力を加えることで釘を容易にまっすぐに直すことが出来るので、曲がった釘でもスムーズに抜き取ることができます。

抜き取られた釘は板の反対側に飛び出しますので、板の反対側に人やものがないかを確認するのはもちろん、安全な場所で使用者はゴーグルを身につけて使用することが義務付けられています。

釘抜機は主に枠組み建築の現場で使われており、建築物にコンクリートを流し込むための木製の型枠などには大量の釘が使われているため、この型枠建築の現場などでは釘抜機は必須の電気工具となっており、生産性向上に一役買っています。

また、パチンコ台の板など大量の細かい釘が打ち付けられた板自体をコンベアに通して裏側から一気に大量の釘を叩き出すと言う巨大な釘抜機なども存在し、現在では用途に合わせて大小様々な釘抜機も存在しています。

新品価格は一般的な建築現場で使うものだとマキタ社製やマックス社製で4万円台が主流となっています。

釘抜機を高価買取してもらうポイント

釘抜機を高価買取してもらうポイント

釘抜機を高価買取してもらうためには付属品の有無が重要になって来ます。

通常使用するために必要な本体はもちろんの事、ほとんどの釘抜機には取扱説明書やメンテナンス用の油差し、調整用の六角レンチ、安全ゴーグルが標準で付属していますので、これらが全て揃っている買い取り額はアップします。

また釘抜機本体の落下による傷や割れ、エアコンプレッサーからホースをつないだ際に結合部に亀裂などがあり、異音がしたり空気漏れがあると買い取り価格に響いてしまいます。

また保管時に室内ではなく日の当たる屋外や雨ざらしの場所に保管しておくと色あせやひび割れ、サビが発生し買い取り価格に悪影響を与えてしまいます。日々の油差しや点検、調整などメンテナンスを欠かさず行うようにして、付属品は失くさないように注意しましょう。

釘抜機を買取したお客様の体験談

査定最高額が決めて!次もお願いします!

地元の複数の中古工具店とこちらの電動工具買取ドットコムさんに釘抜機の買取見積もりをしてもらいましたが、電動工具買取ドットコムさんが一番高額だったため決めました。電話でもメールでも相談ができ、全国どこでも対応してくれるため気軽に問い合わせることが出来ました。また工具の買取を依頼するときは電動工具買取ドットコムさんに依頼しようと思います。

スマートな対応で安心して取引できました!

釘抜機の買取を依頼したかったのですが取扱説明書など付属品の一部が欠けていて買い取っていただけるか心配でしたが、ネットで見つけた電動工具買取ドットコムさんに問い合わせてみたところ快く買取をしていただけたので安心しました。またお電話口での対応も良くスムーズで、工具に関しての知識も豊富でしたので安心して買い取っていただくことが出来ました。

電動釘抜機って買取できるの?予想外の高額査定にびっくりです!

電動釘抜機の買い取り先を探していたのですがなかなか見つからず、ネットで見つけた電動工具買取ドットコムさんに買い取っていただくことになりました。少し年月が経っていて色あせや傷はありましたが、完動品で取扱説明書やゴーグルなど付属品も全て揃っているからとの理由で自分が想像していたよりも高価な価格で買い取っていただけました。また他の電動工具も依頼したいと思います。

代表的な製品

代表的な製品とは、マキタのエア釘抜き機AKN10です。こちらの製品は、エアプラグ20PM型で使用ホースは、内径6.5mmで質量は、0.8kgです。特徴としては、型枠作業における釘抜きがとても速いということです。

更に、マックスの釘抜き機ネイルパンチのTA-35APは、質量が0.9kgあり、寸法は、235mm(L)×53mm(W)×189mm(H)です。高性能で強いパワーで一気に釘を打ち抜いてくれる機械です。

付属品やオプション品

付属品は、取扱説明書やセーフティーゴーグルや六角棒レンチやジェットオイラや油さしなどが挙げられます。

オプション品は、バールやフックやフック取り付け用ナット、フック取り付け六角穴付きボルトなどが挙げられます。

釘抜機の使い方

釘抜機の使い方

まず、金槌ちで釘を浮かせてから、釘を抜きます。古い釘の場合は、周囲の部分を叩いてから浮かせましょう。

そして、釘抜きをはめます。食い込みのところに釘のてっぺんをはめ、引き抜きます。

へらを使用する際には、木材にへらの先端を差し込み、金槌で打ち込みます。釘の近くを持ち上げて、釘が打ってある部分は、その近くを持ち上げます。

釘抜機を使用する際には、板を下に敷いてから使用することで材料が傷むことなく使用出来ます。

釘抜機の修理方法

取扱説明書を読みながら、釘抜き機を解体して、損傷・損傷している部分を交換します。解体した部品を組み立てます。

汚れがあれば、磨いたり、洗浄しましょう。修理が終わったら、問題なく作動するかどうか確認しましょう。