今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
穴開け工具

穴開け工具の買取

穴開け工具買取

穴開け工具とは?

穴開け工具とは?

穴あけ工具というのは、簡単に言えばドリルなどのことです。ドリルと言ってもいろいろな種類やサイズが存在しているのですが、一般的によく知られているのは金属に穴をあけるために用いられているドリルでしょう。他にもプラスチック用などもよく知られているのですが、圧倒的に金属用が多いというのが特徴です。サイズや材質なども異なっているのですが、細い物は1ミリ以下の物も存在しているものの、鉄ではすぐに折れてしまいます。

そこで歯科医院で使用しているドリルのように、細くても折れないダイヤモンドを材料に使用している種類も存在しているのです。ある程度太い種類になれば、自分で研磨をして再び使用することもできます。通常は焼き入れという金属を強化する作業を行うのですが、そうしないと金属に穴をあけることができません。このようにたくさんのサイズと種類があるドリルですが、穴あけ工具はドリルだけではないのです。他にもたくさん存在しています。

例えば穴にネジ山を付けるためのタップという工具も存在しています。もちろんネジの種類がかなり多いので、それだけたくさんのタップが存在していることはいうまでもありません。また、ドリルというのは0.1ミリぐらい穴が大きくなってしまうのが特徴なので、より精度の高い穴を開けたい場合には、リーマと呼ばれている工具を用いるのです。そうすることでかなり精度の高い穴をあけることができるので、機械加工などで用いられています。

このようにたくさんの種類が存在している穴あけ工具ですが、基本的にはドリルドライバーなどにタップやドリル、リーマなどの切削工具を取り付けて使用します。場合によってはフライス盤や旋盤、マシニングセンターや卓上ボール盤などに取り付けて使うこともあるので、かなり多様な使い方ができると言えるでしょう。消耗品でもあるので、複数まとめてセットで購入することも多くなっています。もちろん取り付けられる種類と取り付けられない種類があるので、まずは基本的なことを勉強しておきましょう。

穴開け工具を高価買取してもらうポイント

弊社では穴あけ工具の買取も行っているのですが、買取をしてもらう以上は、誰でもできる限り高い金額で売りたいと考えているものです。では、どのようにすれば高額買取をしてもらいやすいのかというと、もちろんよい状態を保つことです。見た目がきれいで不具合などもない状態が望ましいと言えます。ただし、穴あけ工具はキズが付きやすくなっているのも特徴です。

なぜなら金属を加工すれば、切り子が出て本体や切削工具に絡まってしまうこともあります。床に置いて作業をするケースもあるので、汚れやすくなっているのも特徴でしょう。そこで使用したらきちんときれいな状態にしておき、ケースなどにしまっておくと、より状態がよくなります。コードもキズが付いたり汚れたりしやすいので、使い終わったら束ねておきましょう。このようなちょっとした配慮をすることで、高額買取できるかが決まってくるのです。

穴開け工具を買取したお客様の体験談

穴開け工具 買取体験

ベルト工場を経営しています。今回工場の移転と共にあらゆる工具を新しく買い替えたのですが、穴開け工具はまだきれいな状態だったので処分するにはもったいないと思っていました。
かといって個人的に誰かに売ることも簡単ではなく、工場の近くにあるリサイクルショップでは専門工具は取り扱っていないといわれ、どこで聞いたら良いのか分かりませんでした。

職員の一人がインターネットで調べたら専門的な電動工具も買取してくれる業者があるはずだと、調べ始めました。
電動工具買取ドットコムならあらゆる工具の買取をしているということで、3つの穴開け工具を一緒に査定を受けてみました。

中古品だから手数料程度の査定金額で買取されるのかと思っていたら、ひとつひとつ丁寧に製品の価値を査定して下さり、私が最初思っていた価格の倍以上の金額で買取して頂くことができました。
自分が使用していた中古品をこのように良い価格で買取してもらえるとは思っていませんでした。

これからは無条件必要なくなった製品は買取してもらおうと思います。
また工場で必要なくなった電動工具があったら、是非電動工具買取ドットコムにお任せしようと思っています。
お世話になりました。またよろしくお願い致します。

代表的な製品

電動の穴開け工具としてはボッシュの電気ドリルGBM13REがコンパクトでハイパワーで無段変速ドリルで便利で、GBM13-2RE、GBM10RE/Nなどが有名です。
その他にも日立工機の電気ドリルD6SB、日立工機の変速ドリルD13VF、日立工機のドライバードリルFDS12DVD、EARTH MANの振動ドリルやリョービの振動ドリルPD-1301VR、TRADの13mm振動ドリル、ブラック&デッカーEVO183P1、EVO183B1、手動ではSUNDRYのロータリーレザーパンチRLP-6などが穴あけ工具として幅広く使用されています。

付属品やオプション品

付属品

収納ケースやバッテリー、プラスビットや充電器、工具セットやピックアップワイヤーやサイドハンドルなどが挙げられます。

オプション品

取り付けネジやコアビット、ヒューム管吸着パッドなどが挙げられます。

穴開け工具の使い方

穴開け工具 使い方

穴あけ工具の使用方法は簡単です。
まず、穴あけ工具のチャックという部分に先端工具のビット(ドリルの部分)を取り付けます。
ドライブドライバーの場合にはチャックの部分を回し緩めたら、ビットを差し込みます。

そのあとチャック部分を回してビットを固定します。インパクトドライバーの場合はより簡単で、チャック部分にビットを差し込むと“カチャ”とロックされ固定となります。
電動の穴あけ工具にはスピードの段階があり、ブランドによって様々異なりますが、硬いものにネジをさすときには、スピードを速めて使う事をお勧めします。

主にネジを締める作業をしたいという場合には、回転方向に衝撃を与えながらネジを締めることができるインパクトドライバーがおすすめですが、穴あけする場合には、ドリルドライバーがおすすめです。

ドリルドライバーは回転のみの機能がついているため、穴を開けながら作業ができます。

穴開け工具の修理方法

穴あけ電動工具が動かなくなった場合にまず考えられるのはバッテリーの寿命の時期であること。まずはバッテリーをチェックしてみるといいかもしれません。
コードの部分のチェックもしてみましょう。コードが絡みあっていて摩擦などが起こり不具合を起こしているかもしれません。

電動工具を長時間酷使してしまうと、オーバーヒートが起こり動かなくなる事もあります。
安いタイプの電動工具はすぐに動かなくなってしまうという話はよく聞きます。少しお値段は張るかもしれませんが、評判のよい品質の高い電動工具を購入することをおすすめします。

しかし、自分で電動工具 が修理できなかった場合はやはり専門店に相談するのが一番よいでしょう。