今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
研磨工具

研磨工具の買取

研磨工具買取

研磨工具とは?

研磨工具とは?

研磨工具とは電動サンダーやグラインダーの総称です。一般の方にはあまり馴染みも無くサンダーとグラインダーの区別も付きにくいと思われるので、ここで簡単な区分け方を説明すます。

紙やすり(サンドペーパー、研磨紙)などを進藤させて研磨する機械がサンダーで、砥石を回転させる方がグラインダーだと覚えて下さい。サンダーは木材や金属を研磨することができ、塗装剥がしなどにも効率的に作業できる電動工具です。

大きくわけるとプロユーズとDIY専用に分かれます。プロユーズには比較的静音設計で集塵機能などが搭載されています。

DIY専用だと安価な分、機能が限定的で音も大きい機種が多いです。(余談ですが、これからサンダーの購入を検討される方はプロユーズでもDIY用でも『集塵機能』が付いている機種をお勧めします。

粉塵による健康被害は想像以上に身体に悪影響を及ぼす怖れがあります)細分化すればオービタルサンダーとコーナーサンダー、ランダムサンダー、ベルトサンダーなどに分かれます。

一方、グラインダーは工具の先端に付けるディスクを高速回転させることで切削し、ディスクは木材用から金属やブロックなどの非常に硬い材質まで様々なタイプが販売されています。

またカップブラシや磨き用バフを取り付ければ幅広い用途に活用する事が出来ます。その他便利な使い方ぱワイヤーブラシを装着してサビ落としをすれば作業効率が格段に上がります。ちなみにステンレスの研磨にはカップブラシ、コンクリートやブロックなどの溝入れ、切断に使用するのがタイヤモンドホイールです。

弊社では研磨工具の買い取りを致しております。上に記した道具以外でも、もちろん対応させて頂きます。

目的の品物の研磨が終わって使わなくなった物や、買い換え後に古くなってホコリをかぶっている道具などが御座いましたら是非御連絡下さい。専門のスタッフが丁寧に対応致しますのでどんな事でもお気軽にご相談下さい。

研磨工具を高価買取してもらうポイント

研磨工具を高価買取してもらうポイント

研磨工具は、金属であれ石材であれコンクリートであれ錆であれ塗装であれ、砥石を使って削り落とす工具なので、工具が粉塵まみれになるのを避けることは出来ません。

ですから、まずは粉塵を歯ブラシ等を使って綺麗に落としておくことが、高額買取してもらうための第一のポイントとなります。

そして、第二のポイントとして、ネジの状態を確認し、適切に処置しておくことが挙げられます。研磨工具は、本体に大きな力を掛けながら、小刻みに振動しますので、ネジが次第に緩みがちです。ですから、ネジをしっかり締めておくことが大切です。また、ネジの頭がナメてしまっていることもありますので、その場合には交換しておきましょう。

さらには、研磨工具 は、用途に応じて部品を付け替えることも多いので、全ての部品を揃えておくことも大切です。これが第三のポイントです。

研磨工具を買取したお客様の体験談

長い間使っていない研磨工具の処分を考えた時、単に捨ててしまうのはもったいない、と思いました。

ただ使っていないだけ、保管するのに多少場所を取るだけで、特に壊れている訳でもない研磨工具でしたから、中古ではありますが、有効活用できないものか、と考えました。

身近な人や、知り合いの知り合い、といった所で欲しい人が居れば差し上げよう、とも思いましたが、そういう人もおらず、途方に暮れていたところ、インターネットで研磨工具の買取店を探すことが出来ることを知り、早速検索してみました。その時にトップで表示されたのが、電動工具買取ドットコムさんです。

電動工具買取ドットコムさんに相談してみると、非常に丁寧に分かり易く 説明してくださいました。
査定金額、買取金額も非常に高額で、納得の行く金額です。

高額買取を実現できるように、様々なアドバイスもしてくださいました。
また、査定は無料、配送料も電動工具買取ドットコムさん負担で、とても有り難い、利用し易いサービスです。

さすが、インターネットの検索でトップ表示されるだけのことはある、と思いました。
今後も、何かの電動工具を売却したい、と考える時には、電動工具買取ドットコムさんにお願いしたい、と思っています。

代表的な製品

研磨工具は電動工具と同様に様々なメーカーから販売されており、いくつか有名なメーカーを紹介します。

①マキタ

国内トップクラスの機械メーカーです。バッテリーの性能と互換性が優れていて、ひとつマキタ製品があれば他の道具もマキタに代わっていくほどマキタファンが多いです。

②RYOBI (リョービ)

マキタに負けず劣らず人気の高いメーカーです。

③日立工機

アフターサービスに力を入れてシェア拡大を図っています。

④BOSCH(ボッシュ)

世界的に有名な工具メーカーです。物作り大国ドイツに本社があり、外国メーカーの中でも愛用者が多いようです。

⑤ブラック・アンド・デッカー

日本国内ではあまりメジャーではありませんが、世界シェアでみると25パーセントほどの占有率でトップメーカーです。

付属品やオプション品

研磨工具 付属品やオプション品

研磨工具の付属品やオプション品で人気の高い品物を紹介します。

①紙やすり(オービタルサンダーのみ)

ラバーパッドが長方形なのでホームセンターなどで販売されている安価な紙やすりが使えます。

②ラバーパッド(ランダムサンダーのみ)

紙やすりよりは高価ですが集塵するための穴があるし、直径はメーカーが異なっても共通サイズなので便利です。

③集塵カバー(グラインダー)

日常的に使う方は必須アイテムです。

④砥石(グラインダー)

これを使って家庭の包丁やハサミを研いだら奥さんに喜ばれますよ。

⑤スタンド(グラインダー)

お手持ちのグラインダーを取付ければ簡易切断機になります。隠れた人気商品です。

研磨工具の使い方

メーカーやモデルによって名称やスイッチの場所は違いますが、おおまかな使用方法をご紹介します。

①専用ペーパーを装置して下さい。簡単に取り付けできる専用ペーパーがお勧めです。

②電源スイッチ
スイッチを「ON」にすると機械が動きます。(ロック機能がある場合は解除して下さい)

③スピード調節機能がついていれば削る量に応じてスピードを上げたり下げたりすることが可能です。スイッチを入れる時は『スロー』にする事が望ましいです。

④研磨する時に本体を材料にかるく押し当てながら動かしていきます。あまり力を入れて押し当てると研磨面の仕上がりにムラが出るだけではなく、モーターに負担がかかることになりますのでご注意下さい。

研磨工具の修理方法

研磨工具の修理が必要な症状としては、モーターのオーバーヒート、カーボンブラシの変形、等が考えられます。どちらの場合も、また、それ以外の場合も、大抵は不良な部品の交換で解決します。

そして、修理が必要な事態に出来るだけ陥らない為に、日頃の手入れも大切です。