今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
日立工機(HITACHI)

日立工機(HITACHI)の買取

日立工機(HITACHI)買取

日立工機(HITACHI)とは?

日立工機(HITACHI)とは?

日立工機とは電動工具メーカーで国内市場でのシェア争い マキタと二分 している状態です。

職人さんが業務で使用する場合から、個人が趣味のDIY用で使う物まで様々な種類の電動工具が販売されています。ホームセンターなどでも購入可能ですが、日立工機やマキタなどは地元密着型の金物屋さんなどに強い販路を持っているので業界トップシェアを競い合うライバルになっているのだと思います。

昭和時代の電気店と同じ販売スタイルでず、商売相手がプロユーズなので、当面はこの二強の状態が続くと思われました。ん?何故過去形?それは、そんな日立工機ですが日立製作所の資本から離れ、2017年1月に米投資ファンド、コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)に売却決定となり業界内に激震が走りました。

。正直「日立よ、お前もか」と感じますね。シャープは中国の企業に成り下がり、ソニーはモノ作りから金融部門の方が売り上げが多いし、東芝は屋台骨がガタガタで周りが見えずに原発まっしぐら。

日本の製造業は非常に心配ですね。話を戻しますが、日立工機は電動工具メーカーの中で最も早く6.0Ah電池を販売しました。これにより、電池性能は非常に良くなって充電時間の大幅な短縮が可能になりました。

またトリプルハンマ形状のインパクトを開発するなど技術面では常に業界最先端で革新的な製品を次々と開発していたのです。青い目のハゲタカどもが金儲けの事だけ考えて技術開発部門の縮小だけは避けて貰いたいものです。

直近のニュースリリースで確認すると日立工機側の経営陣は残留するようなので根本的な経営方針自体、当面は継続されるようです。

しかし投資ファンドに餌食になった過去の日本企業を見てみると安心は禁物ですね。
弊社では日立工機の電動工具を買い取り致しております。

工具の買い替えによる不要になった古い機械や廃業、倒産などでの引き上げ品や不要品の換金を検討されている方がいらっしゃいましたら先ずは御連絡下さい。

>>ボード用ドライバ買取
>>ロータリハンマドリル買取
>>ケレンハンマ買取
>>自動磁気ボール盤買取

日立工機(HITACHI)を高価買取してもらうポイント

日立工機の工具は電動工具メーカーの中でも一位、二位を争うほど人気も高い工具 です。他の工具とのバッテリーの互換性が有るのでこれらのシェアはなかなか崩れないと思われます。結果、必然的に中古市場でもその影響は反映されて『人気機種=高額査定』となります。そこで今回は高価の秘訣をズバリお伝えします!

①人気のメーカーと無名のメーカーでは倍以上の差が出ます。リセールを考えるならば絶対に人気のメーカーから機種を選んで下さい。

完全動作する物 でなけれは査定が下がります。日頃から乱雑に扱わないようにして下さい。

付属品の欠品無し が望ましいです。外箱、取説、付属品が揃っていれば完璧です。

意外に簡単ですよね!これだけで数千円から数万円も違いが出るわけですから面倒くさいがっている場合ではありませんよ、これでお手持ちの電動工具を売却して新しい工具に買い換えてみませんか?

日立工機(HITACHI)を買取したお客様の体験談

日立工機(HITACHI)を買取したお客様の体験談

田舎の父が無くなり、実家を取り壊して母を引き取ることにしました。私の田舎はかなり山の中、父が林業に近いことをやっていたためか、家にはいろいろな電動工具があり、どうしようかと。中でも日立工機のエンジンチェンソーが、大きいものから小さいものまで。調べてみるとどれもプロ使用のもので、買ったときの金額はどれも高いもの。しかし都会でチェンソーを使うこともなく、ネットでいろいろな電気工具の買取先を探していました。

チェーンソーのようなものは捨てるにしても、自治体にお金を払わなくてはならず 、かといってリサイクルショップに持って行っても二束三文で買い叩かれそうです。チェーンにもちゃんと油がさしてあり、かなり使い込んでいますが、状態はいいもの。電動工具買取ドットコムに電話してみました。日立工機の電動工具は性能が高く、古くてもかなりの高額で売れる といわれ、見積もりをとってみました。こちらが満足できる数字です。全国にネットワークがあり、いろいろなところから日立工機の製品は案税制も高く、それでいて使いやすいデザインだと教えてもらいました。母親を引き取るときの足しにしたいと思っています。宅配便の梱包の仕方も教えてもらい、着払いで送りお金もすぐに入金の確認ができ、ありがたかったです。

代表的な製品

コードレスインパクトドライバ

WH18DDL2とWH14DDL2:新打撃機構トリプルハンマで釘締めが強化されています。
日立工機では、全リチウム製品において電池の耐久性と安全性を高めています。

電気ディスクグラインダー

G10SH6、G10SL6,G13S6,PDA-100N,PDH-100N:2つのコアモーターを分割することによって最大出力をアップさせています。冷却量もアップしているので、長時間の作業も可能にしています。持ちて部分のデザインがよいため持ちやすくなっています。
ミニサンダFSV12SG,ランダム三田FSV13YB,オービタル三田FSV10SAなど、DIY専用の工具も多種揃っています。

付属品やオプション品

プラスティックケース、急速充電器、リチウムイオン電池、プロテクション用ゴーグル、ダイアモンドドリルビット、モルタル用ドリル、フェルトディスク、木工用ディスク、ワイヤレスブラシ、ダイアモンドカッター、集じんアダプター、各種チップソーなど多種にわたる付属品が揃っています。

日立工機(HITACHI)の使い方

日立工機(HITACHI)の使い方

日立工機の電動工具はまず十分に充電してから使用してください。
行なう作業にあわせて先端のビットや刃を交換して設置してから、安全装置やスイッチを確認してから、電源を入れてください。
ビットや刃が擦り切れていたり欠けたりしていないか、消耗部分が磨耗している場合には問題が起こる前に交換してから使用するようにしましょう。

日立工機(HITACHI)の修理方法

充電をしたり電源コードに連結しても工具が可動しなかったり、磨耗したカーボンブラシなどの消耗品を交換しても正常に使用できない場合には、購入された販売店や日立工機のホームページを通じて修理を依頼してください。