今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
回転角レンチ

回転角レンチの買取

回転角レンチ

回転角レンチとは?

回転角レンチとは?

回転角レンチとは内側に制御されている締め付け確度設定装置によって締め付け角度を設定することにより、レンチを自動で制御して締め付ける電動工具です。
ナットの回転を確実に計測して反力を受けるまで空転角度は計測しないで、精度の高い回転でナットを締め付けます。
溶融亜鉛メッキ高力ボルト専用の電動ナット回転角レンチは、建築現場や工事現場、工場などあらゆる場所で使用されていて、小型で持ちやすく軽量なので作業がしやすくて、操作性も高くて作業時間も短くて済みます。

回転角レンチはネジの締め付け通則の回転角法締め付けに適していて、所定のトルクにより一時的に締め付けを行なったナットに対して使用することができます。
レンチの本体に反力受けが固定されていないことによって、ソケット部分をナットに挿入する場合に本体を回すことなく挿入することができ、レンチ本体が共に回る必要がありません。
これらにより操作性が良く作業性が高まって、作業時間も短くなるということです。

回転角レンチには制御器が内蔵されているので、コード線を引き回して安心して使用することができ、出力機構により連続使用も問題ありません。
ナット回転角法にはトルク法が広く採用されていますが、ナットに加えるトルクがボルトに導入される軸力と比例関係にあることから、目標の軸力をボルトに導入する方法です。

所定のトルクで一時的に締め付けた後、ナットに回転角度を一定して与えることによってボルト軸力が導入されて、締め付けした後のトルクチェックは省略することができます。

回転角レンチはパワフルな電動工具ですので、反力によって事故を起こす危険性があります。
使用する時には必ずハンドルをしっかりと握ってから使用するようにして、回りの環境はきちんと整えてから安全に作業を行なうように心掛けて下さい。
設定角度により自動で停止する機能がありますので、精度が高くて均一した作業を行なうことができるでしょう。

回転角レンチを高価買取してもらうポイント

回転角レンチは何よりも締め付ける力が重要です。

購入当時と同じように正常に使用できるかどうかパワーは落ちていないかなどを確認してから査定を申請されることをお勧めします。
レバーソケットやドライバー、コネクター、メタルケースなど付属品が全て揃っていれば査定アップの可能性があります。

建設現場など外部で使用していた場合は回転角レンチの本体が汚れている可能性がありますので、外部から内部まできれいに清掃されることにより、査定金額が高くつく可能性がありますのでよろしくお願いします。

回転角レンチを買取したお客様の体験談

回転角レンチ買取 体験談

工事現場で回転角レンチを使用していましたが、違うメーカーの型の違う回転レンチに買い替えることにしました。

今持っている回転レンチの処分を考えていましたがまだ使用年数が浅かったため、どこかに売る事ができればと思いネットをサーチしたところたまたま電動工具買取ドットコムのサイトを見つけました。

査定が無料ということでしたので、ダメもとで電話を一本入れてみました。すると担当のスタッフの方が丁寧に対応をしてくださいました。まずは使用期間を伝え、メーカー、型番を伝え、買ったときの箱や取り扱い説明書、標準の付属品がすべて綺麗に残っている事なども伝えました。

使用年数も1年半ぐらいだったのとコンディションには問題がない事、見た目が綺麗であることな どもお話しすると、スタッフの方が思った以上の査定金額を提示してもらいました。

実際そんなに高い値段をもらえるとは思っていなかったので驚きました。早速指示された通りに必要書類を書き込み、身分証明書のコピーをいれて箱づえしてお店の方へ送りました。送る時も配送会社がガレージまで取りにきてくれたのでとても助かりました。

数日後にスタッフの方から連絡が入り、本査定金額をもらいましたが、最初に頂いていた査定額とさほど変わらず、すぐにオッケーしました。これで商談が終わりです。

とても丁寧な対応とスムーズな商談で売るのを悩んでいたのも忘れていました。今後も何か新しい工具に変更する時などには利用しようと思っています。

代表的な製品

マキタの回転角レンチモデル6920ANW、マキタの回転角レンチモデル6924ANW、マキタの回転角レンチモデル6929ANW、TONEのナット回転角レンチコーナー型トルシャットP484~486、トルシャット回転角レンチTN30E-2T、TONEトルシャットM12ナット回転角レンチTN12E-1T、TONEトルシャットM16M20ナット回転角レンチTN20E-2Tなどが代表的に幅広く使用されています。

付属品やオプション品

回転角レンチの付属品としてはスリーブアッセンブリ、スリーブセット、マイナスドライバ、スチールケースなどがあります。

回転角レンチの使い方

回転角レンチの使い方

回転角レンチの使い方はそのブランドによって様々ですので、まずは取り扱い説明書をよく読んでから使用してください。

簡単な流れを説明します。まずはスリーブを交換します。スリーブは回転角レンチのでこぼこ部分にはめます。

そして使い始める前にトルクで1次締めをします。スイッチもまたブランドによって使い方はさまざまですが、引き金を引いたりするスイッチの場合は引き金を引くとスイッチが入り、話すとスイッチがきれます。スイッチを入れたまま電源プラグに差し込むと大変危険ですのでスイッチをオフである事を確認して電源プラグに差し込んでください。

スイッチをいれてボルトを締めるのですが、締め付けの角度の設定などを設定してください。

回転レンチは使い方を間違えると故障に繋がりますので、最初はじっくり取扱書を読む、または使い方を熟知している方から教えてもらうというのはおすすめいたします。

回転角レンチの修理方法

回転角レンチの故障原因は回転数がおかしくなったという問題が一番多いかと思いますがこの部分は素人には手のだせない修理ですので専門店で修理することをお勧めします。

回転角レンチではカーボンブラシの点検 ・ カーボンブラシは定期的に取りはずし て点検する事をお勧めします。カーボンブラシ摩耗しきってしまうと故障に繋がります。

そしてカーボンブラシは正規品で交換することもおすすめいたします。