今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
切削工具

切削工具の買取

切削工具買取

切削工具とは?

切削工具とは?

切削工具は日常で物を切ったり削ったりという切削する作業をする工具のことを指しています。英語でいうとカッティングツールとなります。

キッチンで言うと、使用される包丁やナイフ、大根おろし器、皮むき器、フードプロセッサー、ミキサーなども切削工具に入ります。また、大工仕事で使用するのこぎりやカンナも切削工具です。

そして電動工具の切削工具では金属を切ったり、木工を切ったりするものがあります。金属を加工する方法として切削という作業があり、切削工具を金属にあてて削り取るように金属を加工する方法があります。

金属をいろいろな形に切ったり、削ったりする為には切削工具を押しあてたり、工具を回転させたりすることで表面を削って加工していきます。そのため 切削工具の素材は強いものでなければならないので、刃物部分の素材はダイアモンド、セラミック、超硬合金、光速度鋼、炭素工具銅鋼、コーティング超硬、CBN,サーメット、ハイスなどが用いられて作られています。切削工具にはドリル、グラインダー、サンダー、ルーター、トリマー、リューター、ピニオンカッター、ダイス、ホルダ、エキストラクター、エンドミル、ツーリング、バイト、ホルダ、リーマ、チャック、バンドソー、バイス、カッター、面取り、ホールソー・コアドリルなどのビットなどがあります。

切削の加工方法には、穴あけ、旋削、形削り、立削り、のこ引き、ブローチ削り、平削り、スライス削り、中ぐりなど多くの加工方法があります。金属の切削加工という作業には非常に高度な技術が必要となってきますので、切削加工の勉強をしっかりしなければ工具を使いこなすことができません。

どの切削工具がどのような作業に適しているの か、どの金属にはどのような切削工具を使うのかなどという細かい知識がなければなりません。浅い知識で金属加工作業を行う事はとても危険です。

切削工具を使う際には十分知識を備えてから、また熟練した人からの指導を受けてから使用することをお勧めいたします。

切削工具を高価買取してもらうポイント

切削工具にはとても多くの種類が沢山あります。ドリルであれば、鉄工用、木工用、コンクリート用などがそろっていること、またセットで沢山そろっていることなどはポイントが高くなります。

ドリルの刃が折れていないかなどをしっかりチェックしてみてください。ホルダであれば、いろいろなクランプ方式(ウェッジロック式、ねじ止め式、2重クランプ式、ピンロック式、クランプオン式など)が揃っていることや、いろいろな形状(正三角形、ひし形、正方形、六角形、円形、丸形、平行四辺形、長方形、正六角形など)が揃っていることは高額査定に繋がります。

エンドミルであれば、ボールエンドミル、ラフィングエンドミル、スクエアエンドミル、テーパーエンドミル、スローアウェイ エンドミルなどの種類が揃っていることはポイントが高いです。タップダイス2つがセットになっているものは高額査定へと繋がります。

切削工具を買取したお客様の体験談

切削工具を買取したお客様の体験談

亡くなった父の趣味は工作だったのですが自宅にある父の工作室には何に使うのかさえもわからない工具が沢山残されていました。

現役の工具たちなので廃棄せずに誰かに使ってもらいたいという母の希望もあり、息子である私はもらってくれるような人を探してみたのですが、なかなかもらってくれる方が見つからず途方にくれていました。

もしかしたらネットで検索したら引き取ってもらえるところがあるかもしれないと思い、ある日検索をしてみると真っ先に見つかったのが「電動工具買取ドットコム」さんでした。早速問い合わせてみたところ、ほとんどの工具を引き取ってもらえるということでとても助かりました。

几帳面だった父のおかげで箱・付属品・マニュアル・オプションパーツも揃えてきれいに整理されていて、工具もぴかぴかに磨かれ、キチンとメンテナンスもされていたので査定価格もたいへん高額になったためビックリいたしました。

これは亡くなった父から母へのプレゼントだったのかもしれないなぁと思いつつ、「電動工具買取ドットコム」さんにお願いして良かったと家族中で喜んでおります。本当にありがとうございました。

代表的な製品

切削加工は大きく旋削・フライス・穴あけの3つの加工に分けられます。旋削工具の代表は旋盤となりますが木工用旋盤ではピーウッドのPWL-450VDや山戸製作所の600-DⅡ、金属用旋盤ではミスターマイスターの万能精密旋盤、榎本工業のAmini旋盤1100などがあげられます。

金属や木材の表面の面取りや溝を削るフライス加工の工具にはプロクソン(PROXXON)フライスマシン、ミスターマイスターの精密卓上フライス盤などがあります。加工物の表面に穴をあける切削工具であるドリルにはリョービの電気ドリルD-1300VR、マキタの電気ドリルなどがあります。

付属品やオプション品

旋盤の付属品にはテーパー(円錐形)削りアタッチメント、正確に加工できる材料押しセンター、自動送り装置、ねじ切り装置、フライスの付属品には軸径の異なるエンドミル、ボール盤として使う時にドリルなどを掴むドリルチャック、上から材料を押さえて固定させるクランプ、マシンバイス、ドリルの付属品にはドリルビット(ドリル刃セット)、電気ドリルに取り付けて水油などを給水するミニポンプ、正確に穴あけするためのドリルガイドなどがあります。

切削工具の使い方

切削工具の使い方

工具を固定して金属を加工できる旋盤は材料を回転させて加工するため丸い断面の加工に適しています。

旋盤のチャックに材料を固定するとチャックが回転し、バイト(工具)ホルダーに固定されているバイトが切削されます。
金属を固定して楕円の穴加工をしたり、表面を削って面取りをしたりするためにはフライス盤を使用します。

加工したい材料を固定して刃物を回転させて穴をあけたり削ったりします。切削にはカッターという大きい刃物を使い、穴加工では主にドリルやエンドミルなどを使います。

切削工具の修理方法

拙作工具は非常に多くの種類がありますが、一番問題となるのは作業中に工具欠けてしまったなどの工具自体の損傷かと思われます。
しかしそうなると素人で修理することは不可能ですので、修理というよりも買い替えすることをお勧めする以外にはありません。長時間の作業など工具に負担をかけずに作業を行ってみてください。