今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
リョービ(RYOBI)

リョービ(RYOBI)の買取

リョービ(RYOBI)買取

リョービ(RYOBI)とは?

リョービ(RYOBI)とは?

リョービ(RYOBI)株式会社は1943年に設立されたパワーツール(電動工具、園芸用機器)、建築用品、印刷機器、ダイカストなどを製造している世界的にも有名な企業です。

リョウビは現在の会長により1972年、“RYOBI”とされました。1944年ごろから現在も製造しているダイカスト製品を通リはじめ、そこから印刷機器、パワーツール、建築用品のドアクローザ―、ゴルフクラブなど多種にわたり事業を拡大していきました。

リョービは釣り具のイメージも強いとは思いますが、釣り具、ゴルフクラブの事業はすでに上州屋へと譲渡されています。リョウビはダイカストの世界的なトップメーカーで、リョウビの本社は広島県にあり、工場は広島に3件、静岡に1件あります。リョウビのパワーツールは海外でもその名は有名で信頼されており、プロの職人から日曜大工・DIYをする人々まで幅広い層からの定評があります。

リョウビの様々なパワーツールは優れた機能によって作業の効率を上げます。確かな技術で商品開発が行われています。リョービのパワーツールの特長は使う人のニーズ、時代のニーズをとらえていることで、そのニーズにあった商品をリョービはその高い技術力によって開発し続け、消費者に届けています。使う人のニーズとはプロからアマチュアのDIYまで幅広く、現在では園芸用の機器(芝刈り機など)を作っていることでも有名です。

リョウビでは高い加工技術によって、軽量でコンパクト、持ちやすく使いやすい、しかしパワーを兼ね備えた多くのパワーツール製品を取り揃えています。軽量を可能にしたのは、リョービがモーターの改良を果敢に取り組み続けた結果といえましょう。

軽量で高品質、使いやすいヒット商品を次々と発表しています。リョービが技術向上を怠らず消費者の欲求している新しい商品を生み出していることが、アマチュアまで様々な層の消費者に信頼されている理由かもしれません。

日本が誇る”ものづくり“を実践し続けている実直な企業です。

リョービ(RYOBI)を高価買取してもらうポイント

リョービでは多種にわたる電動工具を取り揃えています。パワーツールの全般においていえる事ではありますが、モーターのコンディション高額買取の重要なポイントになってきます。

長時間の作業でモーターが消費して不具合が起こっていいないか、煙などは出ていないか、回転数はしっかりしているかなど、まずはモーターのコンディションをしっかりチェックしてみてください。

モーターが調子が悪い場合はメジャーな問題となってしまうので、高額査定へは繋がらなくなってしまいます。そして、充電式であれば充電池のコンディションをチェックしてみてください。

説明書のある指定の時間でしっかり充電がされているか、満タンに充電をしたけれど作業時間が短くなっていないかなどもチ ェックポイントになるかと思います。

充電池に不具合がでてくると、しっかり充電はされているにも関わらず、電池がすぐ切れてしまうという事があります。電源式であれば、長いコードが綺麗であるか、絡まっていないか、コード自体は綺麗であるか(コードにゴミなどがついていないか)などもチェックしてみて、ごみなどがついている場合は綺麗にしてみてください。見た目が新しく綺麗であり、コンディションが良いというのは高額査定への早道です。

リョービ(RYOBI)を買取したお客様の体験談

リョービ(RYOBI)買取 体験談

家具工場を経営しています。タンスやテーブル、机などを木材を使って製作しているので、工場にはあらゆる電動工具があります。
以前からリョービの電子丸ノコを使っていたのですが、今回ノコ刃外径の大きな物に買い替えたので、既存のものが必要なくなりました。

替刃もありまだパワフルな電子丸ノコなので捨てることもできずに置いておこうかと思っていたのですが、そのまま放置していて故障してももったいないので必要な人に譲ろうと思っていました。
プロ用の電子丸ノコなので誰でも使える物でもなく個人的に誰かに譲るのは簡単ではなかったので、買取会社に買取ってもらおうと電動工具買取ドットコムに問い合わせてみました。

DIY用ではないのであまり需要がないかと心配しましたが、もちろん必要な方がいるということですぐに査定をして頂くことができました。
替刃も共に思ったより高く買取して頂くことができて、とても満足しています。

工場で使わなくなった電動工具がこのようにして高く買取してもらえるとは思っていなかったので、とても貴重な経験でした。
また工場で必要なくなった工具があったら電動工具買取ドットコムさんにご連絡しようと思っています。ありがとうございました。

代表的な製品

代表的な製品とは、RYOBI(リョービ)のJM-100のジョイントカッターです。型番は、JM-100で9000R.P.Mです。6.2Aで100V、600Wに50/60Hzの製品です。
また、鋸刃の部分を左に傾斜させて壁の下の部分にある床を切断出来るキワ切りカッター KW-300Dも人気の高い製品です。

付属品やオプション品

付属品は、集塵ホース、ロックレバー、傾斜レバー、切込みストッパー、取扱説明書で、オプション品には、ビスケットやホゾ穴から仕口作業まで1回の締め付けで4寸の長穴加工が出来るガイドドライバー付のチェンのみなどがあります。

リョービ(RYOBI)の使い方

ジョイントカッター

まずは、スイッチを入れて、ロックボタンを調節します。スイッチには、引き金式とスライド式と2つに分かれています。

そして、溝を入れたい木の表面の部分の位置に黒か赤のペンで中心線を書き、溝加工したい部分をしっかりとクランプなどで抑えてからペンで書いた溝の中心ラインの部分を赤いセンターマークでしっかりと合わせてから、フェンスガイドという部分を手で押さえながら、ジョイントカッターをゆっくり静かに押して使用します。

リョービ(RYOBI)の修理方法

リョービ(RYOBI)の修理方法

リョービのジョイントカッターを修理する際には、思わぬ事故を防ぐ為、取扱説明書を読みながら故障している部分をチェックします。
万が一の時の為、故障している部分を写真で撮り、本体を分解して故障している部品を交換します。