今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
マックツールズ(Mac Tools)

マックツールズ(Mac Tools)の買取

マックツールズ(Mac Tools)買取

マックツールズ(Mac Tools)とは?

マックツールズ(Mac Tools) とは、マックツールズの日本国内の事業展開において、数々の工具をプロデュースし、移動店舗の販売車両のプロメカニックや整備工場へ直接訪問販売及びアフターサービスを行う運営と通信販売を行う会社です。

マックツールの歴史とは、1938年アメリカのオハイオ州サバナにて、ラルフマクファーソンとオットータッカーによって設立された製造機械のメーカーです。設立当時、中古の製造機械やガレージを手に入れて、3つの種類のレンチ造りをスタートしたのが、この会社がスタートしたきっかけです。

そして、「マクファーソン・ハフ社」に販売を委託して、製造ラインが次々と展開されていきました。
1945年には、ハンドツール業界において、20年のキャリアを持ったルイスダラーの入社後は、マックアライドツール社が設立されました。そして、1963年には、クリントンツール社と合併して、マック業界は最大手の会社となります。

日本では、所在地は神奈川県藤沢市大庭にある「マックメカニクスツール株式会社」で、設立は1988年9月です。
こちらで取り扱っている製品には、ツールボックスやドライブツール、スクリュードライバーやレンチ、プライヤーやハンマー、パワーツールやエレクトロニクス、エアコンやショップサポート、ショップ設備やバッテリー、ラジエーターやスペシャルツール、ブレーキやホイール、バイクやペイント、アパレルやツールアクセサリーなどを手掛けています。

マックツールズ社が手掛けている「移動販売のMACバンビジネス」には、アメリカの高級整備工具であるマックツールをMACバンという車に積み、顧客の地域を定期的に巡回し、アフターサービスや商品の販売を行うビジネスを独自で行う会社です。

顧客には、自動車整備工場やカーディーラー、ガソリンスタンドや自動車ショップ、カー用品ショップやタイヤショップなどが顧客の対象となっています。

マックツールズ(Mac Tools)製品を高価買取してもらうポイント

マックツールズではいろいろな電動工具を中心に取り扱っているので、高額買取をしてもらうためには、きれいな状態で買取をしてもらうことが重要です。特に購入したけれど殆ど使用していない、発売されてからまた日数が余り経過していないような物であれば、十分に高額買取をしてもらうことができるでしょう。

かなり使い込まれている場合や、発売されてからかなり日数が経過しているようなマックツールズの場合には、できる限りきれいな状態にしておくことが大切です。清掃をして見た目をよくしておくのは当然として、古くて汚れたグリスはしっかりと拭き取り、新しく塗り直しておくようにしましょう。特に回転部分の動きを滑らかにしておくことが重要になります。

マックツールズ(Mac Tools)製品を買取したお客様の体験談

うちの会社は自動車の整備を行っているのですが、自動車の整備には、電動工具というのは欠かせない存在です。使用している電動工具は、特にメーカーにはこだわらず、安くて使いやすい製品を主に使用していることから、いろいろなメーカーの物が存在しています。比較的長く使用している電動工具もあるので、そろそろ買い換えたいと考えていました。

そんなときにマックツールズの新しい電動工具が安く売られているのを見つけたので購入しました。うちの会社にも、マックツールズ古い電動工具があるのですが、新しいのを購入したので、古い電動工具を得意先に譲ろうと思いました。するとたくさんあるからいらないと断られてしまい、捨てるのももったいないので買取依頼をしてもらうことにしたのです。

電動工具を買取してくれる業者が見つからず、やっと発見したのが電動工具買取ドットコムという業者でした。ある程度古いマックツールの電動工具なので、買取してもらえるのか不安だったのですが、買取してもらうことができたのでよかったです。複数台まとめて買取を行ったので、ある程度資金が入り、社員と一緒に食事をすることができたので、また売りたいマックツールがあったら依頼したいと思います。

代表的な製品

ドライブツールで特許を取得した6ポイントノンスリップデザインの「10PC.1/2”ドライブPRECISION TORQUEメトリックディープソケットセット」です。
各ソケットごとに視認性による機能に優れ、作業性を高めていく大き目のサイズマーキングを採用しているのが特徴です。
グラインダーなら2インチあるグルグラインダー(AG200)やインパクトトレンチでは、3/8”エアーインパクトトレンチ(AWP038)などが好評です。

付属品やオプション品

マキシマイザー11ドロワーワークステーションの付属品には、トップマットやドロワーライナー、その他のオプションには、ドライブツールやレンチ、ブレーキやホイール、プライヤーやハンマーなどが別売品として挙げられます。

マックツールズ(Mac Tools)製品の使い方

マックツールズの製品はかなりたくさんあるので、製品によって使い方が異なっていると言えるでしょう。ただし、他のメーカーから出ている電動工具とそれほど大きく変わるわけではないので、どの種類でも簡単に使用することができます。逆に簡単に使用できない電動工具では、使用する人がいなくなってしまうでしょう。規格に合ったツール使用することや、安全面に注意して、状況に応じて防塵メガネなどの着用は必ずしなければいけません。

マックツールズ(Mac Tools)製品の修理方法

マックツールズ(Mac Tools)製品の修理方法

電動工具には、カーボンブラシという物を使用しているケースが多いでしょう。回転する力が急激に落ちた場合には、カーボンブラシ交換しましょう。電源を入れても回転しない場合には、コードが切れていないか、接触が悪くなっていない確認して、問題があればすぐに業者へ修理に出さないといけません。