今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
マックス(MAX)

マックス(MAX)の買取

マックス(MAX)買取

マックス(MAX)とは?

マックス(MAX)とは?

マックスというのは、工具類や工業製品、オフィス用品などをメインに製造販売している会社で、昭和17年に創立された日本の会社です。

創立当時はマックスという名前ではなく、山田航空工業という名前でした。昭和17年というのは戦時中なので、当然横文字などは使用していないのが一般的です。ようするにまだ日本がグローバル化されておらず、古き良き日本が残っていた時代だと言えるでしょう。名前の通りに航空機のウイング部品を製造販売していたのです。

それから工業用品を中心にどんどん商品開発を行い、日本が持つ世界一の技術を駆使していろいろな製品が登場してきました。

特にバブル期にはたくさんの電動工具類の製造販売も行われ、バブルがはじけて不景気の時代になっても、マックスの製品は多くの企業を中心使用されているのです。

電動工具類もいろいろな製品が登場していて、現在では多くの製品を取り扱っています。最近は工具類がどんどん電動化され、機械類も電子化されてきています。

このように時代の流れに合わせた製品の開発もマックスでは行われているのです。工具類だけでも昔から使用されている手動の工具も取り扱っていますし、定番となっている電動工具もたくさん存在しています。

そして最も力を入れていると言っても過言ではないのがエアー工具でしょう。エアー工具はパワーが強いという特徴があります。ただし、コンプレッサーが必要になるというデメリットもあるので、充電式の電動工具類もたくさん販売されているのです。

充電式の電動工具類であれば、コンプレッサーがなくても普通に使用できますし、マックスの電動工具は比較的充電してから長時間持つことでも知られています。

他にも先ほど少し触れたように、オフィス用品も取り扱っているので、一般的な文房具から製図機なども販売されているのです。

住宅設備に必要な機器も取り扱っているので、家庭でマックスの製品を使用しているという人もたくさんいるでしょう。このように数多くの製品が存在しているのがマックスの特徴です。

マックス(MAX)を高価買取してもらうポイント

マックス社にはエア工具、電動工具が豊富に揃っています。エア工具ではプロが使用するエアコンプレッサ釘打ち機、ネジ打ち機があります。

マックス社のエア工具を売る際にはエア工具の原動力の高圧エアプレッサと釘打ち機、ネジ打ち機、エアインパクトドライバなどの工具がセットになっている場合には高額査定へと繋がります。もちろん単品でも高額査定は可能です。

まずはエアプレッサの圧力の出力コンディションを確かめてみてください。そしてマックス社では充電式の電動工具も多種揃っています。

充電池の状態、ビット部分の緩みはないか、モーターのコンディションなどをチェックしてみてください。木の集塵などが工具に挟まっているような場合はこれも綺麗に掃除してみてくだ さい。見た目の綺麗さは高額査定へと繋がります。

マックス(MAX)を買取したお客様の体験談

マックス(MAX)を買取したお客様の体験談

マックス社の充電式インパクトドライバを売却しました。日曜大工で庭に小さなデッキを作ろうと思い、マックス社の充電式のインパクトドライバを購入していました。

インパクトドライバは使い勝手がよく、気に入ってはいたのですが、デッキ制作以外にプロジェクトが思いつかず、家に置いてあるだけでしたので、いろいろと買取サイトがないかと数日ネット検索を続けていました

。数日後に電動工具買取ドットコムを見つけました。売却までの流れはとてもスムーズでした。サイトにある電話番号に電話をかけてみると親切にスタッフさんが対応してくれました。

購入した際のレシートが残っていたので、購入日、型番など細かく伝える事ができました。するとスタッフの方からすぐに査定金額を提示されました。私のインパクトドライバはデッキ制作の数カ月しか使用していなかったので、見た目は新品に近く、コンディションも新品同様だという事を伝えると思った以上査定金額を提示してもらうことができました。

その後、スタッフの方が配達会社の手配もしてくれ、私の方では必要書類の記入、身分証明書のコピー、インパクトドライバの梱包をするだけで、指定された時間には配達会社が商品を取りに来てくれました。数日すると、サイト側からの連絡があり、本査定金額を提示してもらいました。ほとんど前に頂いていた提示価格でしたので、合意して、売却が成立しました。

スタッフの方が丁寧に対応してくれたので、心配もなく全てをプロセスすることができました。後日、銀行に金額が入っていました。勢いで購入してしまったインパクトドライバだったので、処分に困っていましたが、このサイトに出会えてよかったです。

金額、売却までの流れ、全てスムーズで満足しています。スタッフのみなさんありがとうございました。また何か機会がありましたら利用させて頂きたいと思っています。

代表的な製品

インパクトドライバー

PJ-ID151R-B2C/1850A、PJ-ID144(R)-B2C/40A、PJ-ID144-B2C(R)、PJ-ID143-B2C、PJ-ID141-B2C、PJ-ID141M、PJ-SD101-B2C/40A、PJ-SD101-B2C

インパクトレンチ

PJ-IW161-B2C/40A、PJ-IW161-B2C

丸ノコ

PJ-CS52MA-BC/40A、PJ-CS51-BC/40A、PJ-CS51DP-BC/40A、PJ-CS51Z-BC、PJ-CS51-BC、PJ-CS51DP-BC、PJ-CS52MA-BC、PJ-CS52M-BC

タッカ

TG-Z3-BC/40A、TG-ZB-BC/40A、TG-Z3-BC、TG-ZB-BC、TG-Z

ピンネイラ

TJ-35P3-BC/1850A、TJ-35P2-BC/40A、TJ-35P1-BC

付属品やオプション品

キャリイングケース、プロテクション用ゴーグル、平打ちアタッチメント、ジェットオイラ、充電器、マックスリチウムイオン電池パック、六角棒スパナ、ビット、コンタクトトップ、チップソー、丸鋸チップソーなど各種取り揃えております。

マックス(MAX)の使い方

マックス(MAX)の使い方

マックス製品はいろいろな種類が存在しているのですが、マックス製品だからと言って、特別他のメーカーと大きく異なっているということはありません。

電動工具であれば、別のメーカーの電動工具と殆ど使い方は変わりないのです。だからこそ使いやすいというメリットがあると言えるでしょう。

他の製品も同様で、同じ種類の製品であれば、基本的に使い方に違いはありません。多少の違いはあるのですが、使用経験があれば説明書を見るだけで十分対応できるでしょう。

マックス(MAX)の修理方法

マックス(MAX)製品の修理方法ですが、製品の修理を行う際にはサビなどが多く発生していないか確認してください。
これによりネジなどの留め具が抜けづらくなることもあります。また、留め具などを抜く際力を入れないようにしてください。力を入れすぎてしまうと、留め具の近くに存在するものにまで悪影響を及ぼすことがあります。