今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
マキタ(makita)

マキタ(makita)の買取

マキタ(makita)買取

マキタ(makita)とは?

マキタ(makita)とは?

マキタ(makita)は、1915年に牧田茂三郎氏により、当初は、名古屋に牧田電機製作所として創業します。
やがて、1938年に設立した電動工具や木工機械や空気動工具などを取り扱っている国内では、最大手の電動工具メーカーです。

マキタは、1970年代頃より、国内外において製造販売に力を入れている企業で、売上高の8割以上は、日本からの輸出品です。マキタは、世界中においても非常に有名な電動工具メーカーでもあり、世界では約3割近くを電動工具市場においてはシェアを占めていると言われています。

日本全国においては、19箇所もの支店と114箇所もの営業所があり、更に世界では40か国以上もの営業拠点があり、顧客への営業やアフターサービスや修理を得意分野としています。
1958年には、日本初の電気カンナが製造され、モーターによる販売や修理を電動工具の製造販売に展開されていきます。1962年になると、株式会社 マキタ電機製作所に社名が変更され、1991年には、株式会社マキタに社名が変更されます。

そして、2013年には、シャープと業務提携を基本合意を締結します。マキタの電動工具は、全国ネットワークにて通販サイトでも製造販売やアフターサービスにも力を入れている会社で、ユーザーからの信頼度も高いです。
ユーザーの殆どは、建設業や電気関係のお仕事に携わるプロの技術者に多く、日曜大工を始め、工事現場などでもマキタの製品は数多く活躍しています。

電動工具の代表的な機械としても、マキタの製品は圧倒的に多く、中古でリサイクルをした場合でも、高額な価格で査定されるタイプの製品が多いのが特徴です。耐久性と精密度と高性能な機械を取り揃えているマキタの製品は、使いやすさにおいてもです。また、電動工具の初心者の方でも安心して使用出来る製品からプロ向けの仕様で作られた製品など、幅広い分野の製品が数多く存在するのがマキタの大きな特徴です。

>>震動ドリル買取

マキタ(makita)を高価買取してもらうポイント

電動工具の買取に関しては、汚れがあったり経年劣化して見た目が多少悪くても、使用に問題がなければ買取は出来ます。現場などで使用する事が多いので、見た目よりも動くかどうかが重要な点です。ただ売るなら綺麗な方が金額にも多少変化はありますので、クリーニングしてから綺麗にして売った方が良いです。

マキタの工具にしても、色々な種類はありますが、長く使わないとモーターやバッテリーが劣化します。そのために完全動作するというのが高価買取りの条件です。売る場合は必ずメンテナンスを行い、不具合なく動作するようにしてから、売るようにすべきでしょう。

また有名メーカーの工具も高価買取りしてもらえることが多く、マキタは有名メーカーなのでその条件を満たしています。

マキタ(makita)を買取したお客様の体験談

マキタ(makita)を買取したお客様の体験談

今回はマキタの電動工具4つを買取してもらいました。ハンマドリルとディスクグラインダと充電式ブロアと釘打ち機の4点です。初めての買取り依頼で電動工具買取ドットコムさんを利用しましたが、金額も満足のいける査定額であり、とても良かったです。

まずは電話をかけ、工具のメーカーや製品名を伝えると、その場で査定額を教えてくれました。電話の対応も丁寧で安心感があり、良かったです。すぐに査定額が出るのは驚きです。査定額に納得しましたので、買取りしてもらいたいことを伝え、どこに工具を送ればいいか、書類はなにが必要なのかを教えてもらいました。

後日段ボールを用意し、そこに工具一式と免許証のコピーなどの種類を入れて、電動工具買取ドットコムさん宛に送りました。その後は、工具が届いたようであり、実際の買取金額を電話で教えてくれました。そして指定の口座に買取金額が振り込まれました。とてもスピーディーに買取も振り込みもしてもらったので、とても助かります。

宅配買取を利用しましたが、空いた時間に電話して査定してもらい、荷物を詰めて送るだけ良いので、とても楽で自分の時間の都合の良いときに出来て便利でした。また機会があれば利用したいと思います。

代表的な製品

マキタの製品としては、充電式インパクトドライバTD090D・充電式インパクトレンチTW280DZ・充電式ドライバドリルDF330D・充電式丸ノコHS631D・充電式ジグソーJV182D・電気カンナKP0800・充電式グラインダGA402DZ・充電式サンダBO180DR・レシプロソーJR101DW・充電式クリーナCL180FDZ・充電式ブロワUB182DZ・集じん機483などがあり、バッテリーや充電器などのアクセサリーもあります。

付属品やオプション品

マキタと言えば電動工具で高い認知度を誇っている会社です。インパクトドライバーや電動ドリルだけでに留まらず、最近では業務用ロボット掃除機まで手がけております。これだけ製品のラインアップが豊富ですので同等以上のオプション品や付属品が御座います。

マキタ(makita)の使い方

マキタ(makita)の使い方

マキタ製品は数多く御座いますが、ここではインパクトドライバーの簡単な操作方法をお伝えしますね。
①スイッチ(以降 S/W)はトリガー式になっていて引くとS/Wが入ります。
S/Wは無段変速機能が搭載されているものは、引き加減によって回転速度が変わります
②正逆転切替S/Wで正転と逆転の切替ができます。
穴あけやネジ締め時は正転で穴あけやネジ締後に部材からドリルを引き抜く時と、ネジを緩める時には逆転で使用します。
③LEDライト
トリガー付近にライトがついている機種では暗い手元や作業箇所を照らしてくれます。

マキタ(makita)の修理方法

マキタ製品に限らず電動工具を使用していると動かなくなる時が御座います。現場での作業中に動かなくなったら困りますね。

純正のスイッチも無い場合は応急処置として使える方法をお伝えします。それはスイッチ部の電極部分の接点が焼けている場合はゴミを除いて接点部分を綺麗にして下さい。