今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
ヘッジトリマー
[`yahoo` not found]

ヘッジトリマーの買取

ヘッジトリマーの買取

ヘッジトリマーとは?

ヘッジトリマーとは

ヘッジトリマーとは、生垣バリカンとも呼ばれ、生垣や庭園の面を均一に刈り込む為の機器です。

ヘッジトリマーを使えば、剪定バサミを使って刈り込みをするよりも便利ですが、使用する際には十分に注意が必要です。凹凸にならない様に注意がしたり、思わない様な怪我をしないように取り扱いには十分に注意が必要です。

騒音が小さく、振動も小さいがコードを注意しないといけない電動式や、騒音が大きく廃棄の注意が必要だが、パワーがあり太い枝でも一気に刈る事が出来るエンジン式や、電源がない場所でも使用が可能な充電式などがあります。

刃の長さも数タイプあり、取り回しがしやすく面を作るよりは玉仕立ての様な細かい作業には、360mm以下のタイプを選択するとよく、オールラウンドで刃が長い分作業のし易く本格的なタイプだと370mm〜460mmのタイプを選択するといいです。又、470mm以上のタイプがあり、刃が長い為に重くはなってしまうが、街路樹の剪定などの大掛かりな作業に向いています。

庭用のヘッジトリマーを使う時には、収草袋やガーデンクリーナーや作業用手袋やスプレー式潤滑油などもあると便利です。

ヘッジトリマーの組み立てには、怪我をしないように、しっかりと作業用手袋をし、説明書を見ながら組み立てます。

刈り込みをする際には、ロープを用いて綺麗に上部を刈り込めるようにする方法もあります。万が一、刃に枝や金属を巻き込んでしまった場合には無理をせずに、すぐにスイッチを切ると良いです。

1時間に一回ほどは、ブレードの刃には潤滑油を指すと長持ちします。また、生垣の刈り込み春と秋に行うのがよいとされています。

これは気温が低い時に行うと木の自然治癒力が下がっていて、最悪の場合には、枯れてしまう為です。

ヘッジトリマーを使用した後には、アルミ製のガーデンクリーナーや竹箒で、刈り込んだ枝や葉を集めます。

集め終わった枝や葉は収草袋に収めると便利です。周りを片付けて、使用後にはヘッジトリマーのクリーナーで手入れをしておくことで長持ちします。

ヘッジトリマーを高価買取してもらうポイント

お客様のもとで不要になったヘッジトリマーを高価買取してもらうポイントを紹介します。

買い替えなどの原因でいくら不要になったヘッジトリマーとはいえ、少しでも高値で買い取ってもらえればいいなという気持ちは誰にでもあると思います。

そこで確認して欲しいのが、購入時の付属品は全て揃っていますか?

オプション品を併せて購入した方はオプション品もありますか?

実は、売却時にオプション品を併せて売却していただくと査定金額が大きくプラスになる場合もあります。

そして、前述したように購入時の付属品なども、できるだけ新品に近い状態であればあるほど査定金額もアップしますよ。

しかし万が一、箱がない場合などでも当店は買取可能な場合も多数ありますので、是非お気軽にご相談くださいね。

ヘッジトリマーを買取したお客様の体験談

ヘッジトリマーを買取したお客様の体験談

また、何かあったらお願いします!

ヘッジトリマーは以前の自営業の時に使用していましたが数年前の不景気の影響で会社に勤めることになり、しばらく家の物置眠ったままになっていました。
ようやく現在の仕事にも慣れてきて、休日に妻と物置の整理をしていたところ、ヘッジトリマーを発見。
しかし、数年前のものだしダメ元で近所のリサイクルショップへ電話連絡したところ工具系は買取不可とのことで、夫婦で肩を落としていたところ妻の友人からインターネットで工具を買い取ってくれる店があるということで、こちらを紹介してもらいました。そもそもリサイクルショップとは異なり、家から出る必要もなく非常に楽でした。
もちろんリサイクルショップも最近は、出張買取もあるみたいですが制約や条件がある店や、なんとなく 知らない人を家に入れるのは気が引けてしまいますから私たち夫婦にはインターネットで売却は非常に助かりました
気になる査定金額も年式が古いことから少々低くなってしまうとは言われましたが、充分すぎるほどの高値で買い取ってくれました。
買取金額に不満があれば買取キャンセルもできるということから安心してお任せすることができました。もしまた、工具系を売却する時は迷わずお願いしますね。

代表的な製品

ヘッジトリマーの中でも代表的な製品は、RYOBIのヘッジトリマーではないでしょうか?
中でもHT-2110は見た目のデザインもスタイリッシュでお値段もお手頃なので初心者でも安心して購入して使用することができますよ。
ボディの持ち手部分はソフトグリップを用いているので手にフィットする感覚があり、女性でも扱いやすいと思いますよ。
ご自宅の、お庭の手入れにも使いやすいサイズでぴったりですよ。

付属品やオプション品

ヘッジトリマーの付属品やオプション品として最も多いのが、刃物セットコードレスストラップ、延長コードなどが挙げられます。
延長コードは作業のスペースが広がるように、だいたいどのメーカーも10mほどのものを付属品やオプション品として取り扱っていますよ。
広いお庭の手入れでも安心して使うことができます。

ヘッジトリマーの使い方

ヘッジトリマーの使い方

ヘッジトリマーの使い方は、生垣の上部分を均一に刈取りを行います。面を作る際には2回ほどに分けて刈取ります。
更にの部分を少し下に向けゆっくりと刈取ります。垂直方向の刈取りには体と生垣を並行にし下から上にゆっくりと刈取りを行います。
こちらも2回ほどに分けて刈取ります。早く動かすと凹凸が出来てしまうので、急いで動かさない様に注意が必要です。
ヘッジトリマーは長期的に使用する為に、説明書に書いてある使用時間以上使用をしない様に気をつけましょう。

ヘッジトリマーの修理方法

ヘッジトリマーの修理は専用のメーカーに修理を問い合わせるか、刃の修理ならドライバーを使って交換をするのか、またはヤニや樹液がこびりついているならヤニクリーナーをつけて汚れを浮かせて取り除く方法があります。