今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
ブラックアンドデッカー

ブラックアンドデッカーの買取

ブラックアンドデッカー

ブラックアンドデッカーとは?

ブラックアンドデッカーとは?

ブラックアンドデッカー(BLACK+DECKER)社はアメリカの会社で電動工具を製造するトップブランドです。

アメリカのボルチモアの工具店から発祥したブラックアンドデッカーは100年の歴史のある企業になりました。ブラックアンドデッカー社では消費者のニーズに焦点をあて、高品質で安全な製品づくりを目指しています。

1910年、ダンカン・ブラック(Duncan Black)とアロンゾ・デッカー(Alonzo Decker)が起業し、1917年、ブラックアンドデッカーはメリーランドのトゥーソンに最初の工場をオープンしています。

2年後には売り上げは1億ドルを超えあす。ブラックアンドデッカーは世界で最初にピストルの形をしたピストルグリップ型の電動ドリルをデザインし、当時の工具は固定式の機械しかなかった為、人々をたいへん驚かせました。

ブラックアンドデッカーのこの革新的な設計は今でも引き継がれ、まさに電動工具の生みの親のような会社といえます。1961年には世界初、コードレス式電動ドリルを発表しています。1971年、ブラックアンドデッカーのコードレス電動ドリルはNASAのアポロ15のミッションに参加し、月の表面を削っています。

その後アポロ16とアポロ17のミッションにもドリルは使用されました。現在もアメリカでは電動工具のトップブランドとして質の高い商品を製造しています。ブラックアンドデッカーは電動工具にとどまらず、現在はホームガーデンイング用の工具、コードレス掃除機などの家電も製造しています。

さまざまなアイデア製品を発表しつづけていブラックアンドデッカーシャでは園芸工具でも使い勝手のよい1台5パターンの作業ができるという工具を販売しています。電動工具はプロから日曜大工・DIYで広く信頼を獲得しています。

日本にも上陸したブラックアンドデッカーはアメリカの評判を引き継ぎ日本の消費者にも人気のあるブランドとなっています。

ブラックアンドデッカーの電動工具のデザインの特長の一つはレッド&ブラックです。この2色に彩られた工具はすぐにブラックアンドデッカー社のものだと分かります。

ブラックアンドデッカーを高価買取してもらうポイント

ブラックアンドデッカーの製品は充電式に特化していますので、まずは充電器、リチウムイオン充電池コンディションをチェックしてみてください。

充電そしてギア変速はしっかりできているか。ドライバの回転数は落ちていないか。木くずや材料のくずが電動工具にこびりついている場合はしっかり取り除いてみてください。

見た目が綺麗であることは高額査定へと繋がります。モーターのコンディションもしっかりとチェックしてみてください。長時間の使用で不具合が出ている場合などは買取評価が下がるポイントになってしまいますのでご注意ください。

電動工具全般に言えることではありますが、工具のコンディションよく製造年月日が新しい見た目が新品同様に綺麗などのポイントは高額査 定へと繋がります。もしもお手持ちの電動工具を近いうちに手放すという予定がある場合には早い段階査定をしてもらうことをお勧めいたします。

ブラックアンドデッカーを買取したお客様の体験談

ブラックアンドデッカーを買取したお客様の体験談

今ではあまり使わなくなったものであっても、ブラックアンドデッカー製品ということで高値で買い取ってもらえたからです。

あまりしっかりとした管理を行うほうではなかったので、査定には結構な時間がかかる・・・なんて思っていました。ですが、査定結果は素早く出ましたし、多少の傷、汚れなどがある商品であっても買取は可能?という疑問についても、素早く答えてくれたのです。

最初から最後まで安心して取引を行えたので、私としては大満足という形で買取依頼を終えることができました。

他にも、正常稼働していないような電動工具は買取可能?という質問に対しても、適切な回答をいただけたのが嬉しかったです。

他の買取店では、単純に正常稼働していない工具では、工具としての価値がない・・・という評価になりました。つまり、査定結果はかなり酷いものばかりだったのです。

ですが、こちらではブラックアンドデッカー製品ということで、ささやかな問題であれば見過ごしてくれるところがありますし、問題点を考慮した上で適切な査定を行ってくれるのです。そのおかげで、新しい電動工具を購入する資金を得ることができました。

代表的な製品

コードレスリチウムドリルドライバー:DCDD186K2は木材、金目のネジ締めや穴あけ作業が簡単にできます。コードレスで使い勝手がよく、2段ギア変速式です。

コンパクトドライバー:CS3652LCはUSB充電器で充電ができるという画期的な工具です。

リチウムマルチカッター:CS3653LCはカッターとしても使えますが、アタッチメントを取り外すとスクリュードライバーとしても使うことができます。バッテリーインジケーターがついていて、残りの充電量もわかるという優れものです。

付属品やオプション品

ブラックアンドデッカー製品の付属品、オプション品についてですが、有名なものでは、スクリュー ドライバーアタッチメントといった商品が存在します。
アタッチメントというのは、取り付け、取り換えが可能という意味です。スクリュードライバーアタッチメントの場合、従来のものより構造上で丈夫になっているため、長く使用したい工具に対して取り付けられることの多いアタッチメントです。

他にも、チップソーサンドペーパーのようなオプション品も存在します。こちらは、サンドペーパーとしての質を高めてくれる商品です。

さらに、ブラックアンドデッカー製品の中には、専用のバッテリー(充電器として機能する付属品)も存在しますので、好きなように工具をカスタマイズできるという、ユニークな発想で作られている電動工具、付属品、オプション品が揃っています。

ブラックアンドデッカーの使い方

ブラックアンドデッカーの使い方

ブラックアンドデッカー製品は、使い方がわかりやすい作りとなっています。

例えば、ドリルドライバーという電動工具についても、コードレスとなっているのでコードを挿しこんで使用する必要もありません。

今では、バッテリーに対して充電を行い、充電が完了した際はライトの点滅などでわかるようになっているのです。そのため、バッテリーの充電を忘れてしまうということもありません。

ブラックアンドデッカー製品は、ボタンを操作して通常回転、それ以外の回転に変更するのも簡単です。

右手でグリップを握っている状態であれば、左手でボタンを操作して、ドリルドライバーの回転といった、操作方法を自由に変更できるようになっています。

ブラックアンドデッカーの修理方法

ブラックアンドデッカー製品を修理する際ですが、モーター音をチェックし、ボタンを操作して安全に使える状況か確認して修理しましょう。

モーター音がキュルキュルとなっているようであれば、ボタンを操作して電源をOFFにします。

電源そのものの反応が悪いようであれば、電源部分のカバーも外して中を確認しましょう。

ブラックアンドデッカー製品は、使い過ぎるとモーターの動力が弱まり、中に汚れなどが溜まっている状況になりやすいので、これらも確認して問題を取り除き、その後に正常に動作するか再確認すると良いです。