今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
ヒートガン

ヒートガンの買取

ヒートガン

ヒートガンとは?

ヒートガンとは?

ヒートガンは、ドライヤーのような形状の工具であり、ノズルの先から熱風を出す道具です。
ドライヤーと似てはいますが、ドライヤーよりも高い温度の熱風を放出し、加工に使用します。

熱による塩ビ板の曲げ加工、加熱包装、シールはがし、樹脂管の曲げ加工、熱伸縮チューブ加工、塗装はがし、水道管の凍結対策など、色々と用途はあります。
熱風を出しますので、その熱によって板をはがしたり、粘着物を取れやすくしたり、または氷を溶かしたりするのに使います。

熱風は400度や500度という高い温度になりますので、必ず火傷しないように注意して作業しないとなりません。
ノズルの先からある一定範囲に熱風を放出しますので、髪や顔を近づけたりすると大やけどして、大変なことになります。
使用後はノズルが冷えるまで待ってから片付けるべきですが、機種によっては急速冷却機能もついており、通常温度の風をノズルから放出して、熱せられたノズルを冷却します。

作業する時には、熱風を当て続けると対象物が高温で溶けることもあるので、ある程度距離を保って行います。
熱で曲がったり伸縮したりする素材を加工する場合は、ヒートガンの熱風を当てすぎると、溶けて穴が空くことがあります。
十分に注意して、作業を行うべきでしょう。

ヒートガンは多くはコンセントにプラグを挿して使用する、電動タイプのものは多いですが、中にはコードレスのヒートガンもあります。
ただしコードレスタイプは熱風の温度が低いので、使いにくいかもしれません。

値段の安いヒートガンから高い値段のものまで色々あり、ノズルやスクレーパなどの付属品がついている機種もあります。
付属品のノズルの種類が多いと、狭いところようの丸形や、板を曲げるのに最適な平面型などありますので、使い分けることも出来ます。
また強弱の温度調節の出来るタイプもあり、200度ぐらいの低温の温風から、500度ぐらいの高温の熱風と使い分けることが出来ます。

ヒートガンを高価買取してもらうポイント

ヒートガンはさまざまな使用用途があるので、頻繁に使うことも多いでしょう。外で使用するというケースは少ないので、それほど汚れてしまうこともないと思いますが、買取依頼時には周りをしっかりと拭いて細かい汚れなどを除去しておくことが高額買取に繋がります。そして付属品類はきちんと保管をしておきましょう。

説明書や箱以外にも、六角スタンドが付属品として付いてくることが多いので、箱や説明書は折り曲げないことや、汚さないことが重要です。六角スタンドなどの付属品も、本体と一緒にきれいにしておきましょう。コードの亀裂や劣化などにも気を配ってお書ないといけません。キズなどが多いと買取価格下がってしまうので、乱暴に取り扱わないことも重要です。

ヒートガンを買取したお客様の体験談

ヒートガン買取 体験談

普段からよくヒートガンを使用していたのですが、業務変更によって殆ど使用しなくなってしまいました。

複数台所持していますし、現在でも普通に使用できる状態なので、このまま捨ててしまうのはもったいないと考えていたのです。比較的きれいな状態で保管されているため、買取依頼をしてくれる業者はないかと情報収集をしていたところ、電動工具買取ドットコムというサイトを発見しました。

しかも高額買取が可能と書かれていたので、すぐに買取依頼をしようとしたのですが、社員から他の業者でも査定を行ってもらった方がよいと言われ、よさそうな業者を絞り込んで査定をしてみることにしたのです。するとヒートガンの買取依頼を行っていないという業者が多く、殆どのところは査定すらできない状態でした。結局買取可能な業者は電動工具買取ドットコムだけだったので、買取依頼の連絡をしたのです。

それほど高い工具ではないので、たいした金額にはならないと思い込んでいたのですが、査定の結果が思ったよりも高額だったので、とても満足しています。査定後もすぐに振り込みを行ってもらったので、また売りたい工具類があったら間違いなく利用すると思います。得意先の人にもすすめたくなりました。

代表的な製品

ヒートガンを販売している会社としては、ウェイモール・白光・石崎電機製作所・Officek・アストロプロダクツ・リョービ・日立工機・イチネン ミツトモなど様々なメーカーがあります。
販売されているヒートガンの中で代表的な製品の型番としては、リョービHAG-1551・日立工機RH600T・石崎電機製作所PJ214A・イチネン ミツトモ RHG-1500・白光882-1などがあります。
価格は、2,000円から15,000円ぐらいと幅があります。

付属品やオプション品

ヒートガンの付属品としては、アタッチメントの各種ノズルや、スタンドやスクレーパがあります。
ノズルがあれば形状によって熱風の角度や範囲を調節できて作業に便利であり、スタンドがあれば置くことが出来るので、作業がはかどります。

ヒートガンの使い方

ヒートガンには文字通りヒート、高熱で発生させた空気を先端の細い噴き出して使う工具で、固まったものに吹きかけて柔らかくしたり(粘着テープが剥がれな場合にそこに吹きかけるとはがすことができます)塗装部分に吹きかけて乾燥させたり、溶接部分に吹きかけたりします。

また熱収縮性のチューブの収縮させるために吹きかけて使用したり、熱によって樹脂を温めて柔らかくする事ができるので、ビニールチューブ、コネクター、コルゲートチューブなどにも吹きかけて使う事ができます。

ヒートガンの修理方法

ヒートガンの修理方法

ヒートガン自身の送風などがうまくいかない場合にモーターが損傷してしまう場合があり、故障へと繋がります。

モーター部分の故障は素人の方の修理はおすすめいたしません。故障へと繋がらないように、使用時間中に持ちてなどが熱くなってきたなと感じはじめたら、いったん作業をやめて工具を休めるなどの工夫は必要かもしれません。