今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
パイプカッター

パイプカッターの買取

パイプカッター買取

パイプカッターとは?

パイプカッターとは?

パイプカッターは主に配管の作業に使用される工具で、水道管・ガス管などを切断する時に使用される工具でパイプを正確に綺麗に切断します

切断できるパイプは銅管、真鍮管、アルミ缶、塩ビ管、ステインレス管、鋼管などですがパイプカッターの種類によってそれぞれパイプの切れる素材も異なってきますので素材にあったパイプカッターを探してみてください。

パイプカッターはこれらのパイプを包み込むような、挟み込むような形をしていています。パイプカッターがパイプをカットしていく過程ですが、まずはパイプにパイプカッターをはめ込みます。

この時パイプが動かないようにバイスなどでしっかりと固定をします。まずはパイプカッターでパイプの周りを何週かさせて、パイプに 切り込み線をつけていきます。この時2重になっていてはいけないので注意が必要です。

パイプカッターの内側部分についているローラーとカッターホイールという円盤状の刃でパイプを押さえつけてられます。それからパイプカッターのハンドルを少しずつグルグルと回転させることでカッターホイールの刃がどんどんパイプに押し込まれていき、パイプが徐々に切断されていくという仕組みになっています。

これは惰性切断という切断方法です。まっすぐ綺麗な切り口で切る事ができます。パイプカッターでパイプを切る際にはまっすぐに切れるので切りくずがあまりでないことも特徴です。

使い方は慣れてくればとても簡単に使いこなせる工具ですので一つは持っておきたいものの一つです。パイプカッターのカッターホイールが消耗してきた場合には自分でカッターの替え刃を交換することも可能です。

パイプカッターは日曜第鵜でも使用する人が増えてきています。例えば物干しざおの長さを変更したかったり、タオル掛けや衣装掛けのパイプ部分の長さを変えたかったりするときにパイプカッターで切断することが可能です。

最近ではこのようにDIYでも使う人が増えているようなので100円均一でもパイプカッターが手にはいるようです。しかし長く使っていきたいという方にはやはりしっかりとしたメーカーのパイプカッターを購入することをお勧めいたします。

パイプカッターを高価買取してもらうポイント

パイプカッターを高額査定してもらうポイントは、第一にはカッターホイールのコンディションが良いかという事が重要になってきます。

カッターホイールが消耗してしまっている場合にはその機能を果たすことができませんので、まずは査定前に新しい替え刃を取り付けるといった事をしてみると高額査定へと繋がるポイントになると思います。

パイプカッターは電動工具ではなく、単純な工具ですので、モーターなどが故障するというような心配はありませんので、新しいものであまり使用年数が多くなければ問題は少ないと思います。

そのパイプカッターに合った替え刃が揃ってたりするとポイントが高くなります。また、違う種類のパイプカッターがいくつか揃っている場合も高額査定へと繋が るかとおもいます。

パイプカッターを買取したお客様の体験談

パイプカッターを買取したお客様の体験談

建設会社を経営しています。
建築現場で色々なタイプのパイプカッターを使用していたのですが、最近使いやすいものを購入したので他のパイプカッターは使わずに置いてありました。

見ると3~4個あり、まだまだ数年は使える捨てるのはもったいない状態だったので、どう処分しようか考えていました。

中古で売るなんて考えてもいなかったのですが、知り合いが電動工具を買取してもらったという話を聞いて、そんな方法もあるのかと思いました。

教えてもらったとおり電動工具買取ドットコムを見てみたらありとあらゆる電動工具が買取されているのを見て、ここならと思って電話してみました。

パイプカッターのタイプや状態などについて詳しく伝えて、査定をしていただきました。

中古品なのにきちんとした買取価格を提示していただけたので、使わなくなっていた4つのパイプカッターを全て買取して頂くことにしました。
中古で買取してもらうという概念が全くなかった私でしたが、処分価格ではなくきちんと買取していただけてさらに驚きました。

自分が使用していた物をこんなに簡単に買取してもらえるなんて、本当に便利な時代になったなと思いました。
手続も簡単で助かりました。

代表的な製品

パイプカッターは多くの工具メーカーが販売していますが、中でも「SK11」や「DeniMan」の製品が人気です。

SK11はネットでの販売にも力を入れており、切断能力の異なるバージョンや替刃なども通販で購入可能。一方DeniMan頑丈なつくりと切れ味の鋭さによって定評を集めています。

SK11の製品ではスタンダードで扱いやすいPC-32、DeniManの製品ではステンレスも切断できるPC-50が特に流通しており、切断能力は3mmから32mmまで切れるものが市場の中心となっています。

付属品やオプション品

パイプカッターの付属品として替刃が販売されています。
こちらは刃が摩耗した場合の交換用として使えるほか、刃の種類を変えることでアルミやステンレス、銅など様々な素材のパイプを切断することが可能となります。

一部の素材は専用の刃でないとうまく切断することができません。

パイプカッターの使い方

パイプカッターの使い方

パイプカッターはその名の通り配管の切断に用いられる工具で、金属でできたホイール型刃の回転を利用するしくみになっています。

ホイールのついている部分でパイプを挟んでから、ハンドルでねじを回して工具をしっかりと固定。その状態でパイプの周囲を回転させるようにパイプカッターを動かすことで、ホイール型刃がパイプを切断します。

断面のきれいな切断を行いつつ、さらに切り粉の量も抑えられる点がメリットです。ただしパイプの内側バリが生じるため、そちらへの処理が必要となるでしょう。

パイプカッターの修理方法

パイプカッターは何よりも切断力が重要です。
それぞれの製品に合った材質を切断することも大切ですが、使用当初と比べて切断力が落ちたと感じたり、きれいにきれなくなったら刃の磨耗状態を確認して替刃を交換する必要があるでしょう。