今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
ハンマドリル

ハンマドリルの買取

ハンマドリルの買取

ハンマドリルとは?

ハンマドリルとは?

ハンマドリルとはドイツのボッシュが世界初で開発した電気ドリルで、その後にはアメリカのミルウォーキーが小型電気ハンマードリルを開発しました。
ハンマードリルはコンクリートやレンガ、ブロックなどの硬い材質にも穴をあけることができて、ビットに53,000回転までビットに強い打撃を与えることにより穴を開けます。

質量3kgまでのものを日立ではロータリーハンマードリルと呼んでいて、ボッシュの特殊形状シャンクの形が日本で出回っているハンマードリルの基本形となっていて、日立工機では振動ドリルの丸いシャンクの形になっています。

ハンマードリルは電気ドリルの種類のひとつで、世界で初めて電気ドリルが開発したのは1916年にBlack&Decker社で、トリガースイッチ付き電気ドリルを作って特許登録しています。
また日本で最初に電気ドリルを開発したのは現在の東芝である芝浦製作所で、1935年に発売を開始しました。
電気ドリルは金属や木材をあける道具であり、さらに締め付けやゆるめ、研磨などの機能も追加されています。

現在のハンマードリルはスピーディーでパワフルな穴あけが可能になっており、ハツリ能力も発揮することができます。
連続空打ち防止装置によりハンマ機本体負担軽減させて、本体の耐久性もアップされています。
また機能に比べてコンパクトな設計になっており、安全のためにハンドルは滑りにくい2層成形サイドハンドルハンドルが採用されるなど、機能だけでなく安全にも配慮された設計を実現させました。

さらに充電式のハンマドリルは充電さえすればどのような環境の中でも試用することができ、さらに活用しやすくなっています。
穴あけをする時に重要なのは回転数や打撃数、パワーであり、さらにはバッテリーの高容量によってそれらをバックアップしてくれます。

ハンマドリルが開発されて100年くらいになりますね。
当時のハンマドリルに比べて現在のものは機能やパワー、使いやすさなど比べ物にならないでしょうが、これからもさらに高機能の製品が発売されることでしょう。

ハンマドリルを高価買取してもらうポイント

ハンマドリルの高価買取りポイントですが、基本的に有名メーカーのハンマドリルであれば、古いものであっても高価買取りにつながりやすいです。

というのも、中古でも良いので良質なハンマドリルを購入したい、というお客様が年々で増え続けているからです。

そもそも、最近の工具は多機能、軽量化に成功している一品が多いため、大きすぎるハンマドリルでなければ、買取不可になるケースは少ないでしょう。それと、ハンマドリルは先端部分に多くの部品が密集しておりますので、先端部分の動作が怪しくない異音が発生しない、ボタンが有効であるハンマドリルについては、正常な動作が見られるため査定にかかる時間が短くなりやすいです。

逆に、先端部分に折れている部分が見られる、グリップ、ボタンなどに多くの問題が見られるものでは、買取不可になってしまうことがあるので、これらに注意して買取依頼を行われたほうが良いでしょう。

ハンマドリルを買取したお客様の体験談

ハンマドリルを買取したお客様の体験談

数点まとめて買取に出しました

ハンマドリルの買取依頼を行ったのですが、専門店で買取依頼を行って良かったと考えています。

というのも、ハンマドリルは中々売れない工具だったからです。私の場合、管理がずさんであったため、ハンマドリルの付属品などを失っている状態で、買取依頼を出す羽目になりました。ですが、専門店でハンマドリルの買取依頼を出した場合は、付属品が欠けている状態であっても、相場に近い形で買取を行ってくれるのです。なので、ハンマドリルを1品だけ買い取ってもらうのではなく、他の工具も併せて買取ってもらいました。

近年では、法人だけでなく個人もDIYなどの影響で工具に興味を持っている人がいます。
ですが 、ハンマドリルの場合は、最新式のものでは10万円以上という品物も多いため、中古品で1万円程度のハンマドリルを購入する人が増えているそうです。今まで、業者で買取依頼を何度も出してきたのですが、このような買取のアドバイスを行ってくれる業者はほとんどいませんでした。

そのため、買取だけでなく売る側として安心感を得られる買い取りになったことも、業者で買取依頼を出して本当に良かったことだと言えます。
ただ、付属品の欠品は大きな問題になりづらいのですが、動作そのものが怪しい状況では、ハンマドリルの買取が難しくなることもあるので、そのことを理解して買取依頼を出すか良く検討したほうが良いでしょう。

代表的な製品

ハンマドリルの代表的な製品には、16mm充電式ハンマドリル型式HR166DSMXのような製品が存在します。

今では、ワンハンドと言われている片手で持てるようなハンマドリルが増えているのですが、16mm充電式ハンマドリルは穴開け速度が高いだけでなく、重量についても1.8kgという素晴らしい数値を誇っています。

近年では、若い人もDIYを趣味としている人が増えているため、このような高性能、軽量を兼ね備えている16mm充電式ハンマドリルが、代表的な製品として知られるようになったのです。

また、穴開け速度だけでなく、耐久テストにおいても高品質が認められているという優れものです。

振動の低減もなされているので、 あらゆる角度でハンマドリルを使用する際も、大きな揺れが発生しない状況で作業を続けることが可能となっています。

付属品やオプション品

ハンマドリルの付属品やオプション品についてですが、主にケース、サイドハンドル、ストッパという付属品が存在します。

ケースというのは、ハンマドリルの交換部品などをまとめて管理できるケースのことです。

サイドハンドルというのは、ハンマドリルのようなグリップが小さいものの、グリップ領域を拡大する際に用いる付属品のことです。

ストッパは、グリップの滑りを小さくするもの、もしくは、工具を滑らない状 態で台に設置できるようになるストッパのことです。

ハンマドリルの使い方

ハンマドリルの使い方

ハンマードリルを使用する時には用途に応じたビットを本体部分に付けていきます。

ビットにはコンクリート用のビット、穴あけ用ビット、チャックなど様々ありますので必要なビットを選んでください。

本体にビットを装着させた後には対象物ビットをあっててから電源を入れて、ドリル部分を押し当てながら作業をしていきます。

メーカーによっては使い方が変わるので、使用中の事故を防ぐためにもまずは取扱説明書を読んでから使用してください。

ハンマドリルの修理方法

ハンマードリルは硬いものに穴を開ける作業に使いますので、ビットの刃先が折れるということがあると思いますがこの場合には新しいビット交換する以外にはありません。

モーターに不具合がでた場合にはご自分では修理せず、メーカー専門の修理店修理されることをお勧めいたします。