今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
トルクレンチ

トルクレンチの買取

トルクレンチ買取

トルクレンチとは?

トルクレンチとは?

トルクレンチとは、作業用工具の一つとして扱われており、トルクによってネジを締め付ける工具と測定専用として用いられているトルクをレンチ状にしたものです。

この部品は、車の整備工場による修理や点検によるメンテナンスやメーカーなどでも取り扱っています。
ネジの部品としては、設計する段階によって軸力が設定されており、その軸力を測定する為には、高価な測定器が必要ですので、それをコストダウンさせるためにトルクを使用して締め付けることで管理するようになっているのです。

締め付けが緩い場合や締め過ぎてしまうと破損の原因となってしまうことを予防する為、安全策として、トルクレンチというのが用いられています。
トルクレンチには、「シグナル式のトルクレンチ」「直読式のトルクレンチ」と分かれています。シグナル式のトルクレンチには、締め付けておきたいトルクを用意して、音によって締め付けたことが分かる部品です。

トルクレンチの本体に目盛りがなく、トルクを設定する際にはトルクレンチテスターを使用します。更に、プリセット形といって、本体の目盛りにより、設定しているトルクを変更させることが出来ると言われています。
直読式のトルクレンチには、トルクを目盛りとして読み込むトルクレンチです。大きく分けて、3種類のタイプあります。

構造上壊れくにくくて安く手に入る「プレート形」のトルクレンチと本体のダイヤル形の部分を目盛りで読み取るタイプの「ダイヤル形」とあります。
センサーを使用してトルクを検出してから、トルクを表示で読み取るのを「デジタル形」とあります。

トルクレンチは、大きく分けて、ネジの部分を所定のトルクで締め付ける方法と締め付けられたネジの締め付けのトルクを検査目的によって測定する作業と分けることが出来ます。
また、部品をこまめに点検や校正をしないと、知らないうちに精度が悪くなりますので、その点を気を付けて取り扱いましょう。

トルクレンチを高価買取してもらうポイント

トルクトレンチは、自動車の整備工場においてメンテナンスをする際に必要不可欠な部品の一つです。
また、雑に取り扱っていると知らないうちに破損してしまう場合が多い製品ですので、定期的に点検や校正がされているかどうかが大きなポイントです。

そして、安心して使用出来るトルクトレンチかなども重要なポイントです。有名なメーカーである必要はありませんが、高性能で精度も高いかどうかなども重視されます。
また、単体ではなく、ある程度まとめて査定に出しておくと、より高く買取って貰えます。

更に、部品が綺麗に梱包されているかどうか、問題なく使用出来るかどうか、見た目が新品に近い状態かどうかなども高く買取って貰う為のポイントです。

トルクレンチを買取したお客様の体験談

トルクレンチを買取したお客様の体験談

ナットやボルトを締めるトルクレンチ。DIYから工事現場や建設現場で作業する人たちも誰もが使っているもの。

そのために金額のその種類もピンからキリまでです。DIYが好きな私の家にでもたくさんありました。しかしクリスマスにデジタルのトルクレンチを貰った為に今までの分を処分する事にしました。今まで良く働いてくれましたが、結構面倒だったんです。

今回の音と表示、両方で指定した締め付けが出来ているかを教えてくれます。DIYをし始めてこのトルクレンチを知り、色々な物を作る度に買い込んでいたせいかその量は多く、どうしようかと思っていましたが、ネットの電動工具買取ドットコムを見つけてメールで問い合わせてみました。

トルクレンチは女性でも簡単に使えるものとして人気が高いと。トルクスビットソケットセットなどをつける事が出来たので、思っていたより高額で買取ってもらう事が出来ました。

トルクレンチの写真を一枚一枚撮り、それを送って査定してもらいました。査定額に納得できれば現品を送ってお金が振り込まれます。トルクレンチの梱包の仕方や送り方が指定されていましたが、自分で梱包する自信が無かったので、その通りにすればいいので楽でしたね。助かりました。

代表的な製品

TONE(トネ)プレセット形トルクレンチのT6L420NやT6L700NやトルクレンチT14HC140です。
トルクを設定する際にロック機能が良く、精度の高さにおいても信頼度の高い製品です。
信濃機販の「パワートルクレンチSI-8000」あたりも、精度が狂いにくく、安心して使用出来る為、一人で楽々作業が出来る為、販売実績のある製品です。
アドレックの製品では、ハイブリット型トルクトレンチなども代表的な製品と言えます。

付属品やオプション品

トルクとレンチの特徴は締め付け管理が出来ることです。ソケットを取替え色々な大きさのナット、ボルトに対応します。ソケットやトレンチアダプターなどが付属品として上げられます。

他には、メタルケースや延長ハンドル、エクステンションバーやユニバーサルジョイント、アダプタやオーブンヘッドソケットなどがあり、オプション品としては、トレンチセットやソケットセットなどが挙げられます。

トルクレンチの使い方

トルクレンチの使い方

まず、延長ハンドルを右側に回転させ、しっかりと密着するようにねじ込みます。締め付ける際には、ナットやボルトを差し込みましょう。
トルクレンチが、手力加圧線の部分に右手の中指の方になるように握ってから、右の方向に力を入れます。

設定したトルクが達するとカチッという音がしますので、それで締め付けが終了です。もっと締め付けてしまうとオーバートルクしてしまいますので、使用する際には、締め過ぎには注意しましょう。

トルクレンチの修理方法

トルクレンチは指定した締め付けが出来た自伝で、音またはデジタル、感触を使って知らせてくれる物です。

この締め付けの完了が知らされなくなってしまうと修理に出す必要があります。年に一度は点検するのが一番です。