今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
チップソー

チップソーの買取

チップソー買取

チップソーとは?

チップソーとは

木材、アルミやステンレスと言った金属、それに合成樹脂がすっぱり綺麗に切断できるチップソー。建設業界では良く使われているものですが、実際には一体どのようなものでしょうか?

Tip(先端)に超硬チップ(ダングステンカーバイト)が付いたもの。

チップソー、見た目は電動丸鋸と同じような物です。しかし丸鋸は円形の本体の周りに刃を切り込み、それが高速で回転して簡単に色々な物を切断します。チップソーはこの丸鋸の一つ一つの刃の刃先に、さらに超硬チップをつけ、硬い切れ味が良くなったものです。

どうして超硬チップをつけるのか?

物を切断するときには、その切断する物よりも硬いもので切ります。布を切るときにははさみを使います。はさみのような金属は布で切る事は出来ません。

これは極端な例ですが、丸鋸で切断できる物は、使われている金属の硬さで決まります。チップソーで使われている超硬チップはダングステンカーバイト粉末(炭化タングステン)にコバルト粉末を合わせ、使用目的に合わせて炭化チタン、または炭化タンタルを加え、1400度前後で焼き固めた合金です。この硬さはダイヤとサファイアの間と言われ、重さは鉄の2倍あります。

電動丸鋸もその硬さと回転で色々な物を切断しますが、超硬チップが付いたチップソーはもっと簡単に、また綺麗に切断することが可能になるのです。

チップソーが丸鋸よりも優れているわけ

超硬チップが付いたチップソーは丸鋸で切断するよりも、時間が早いので切断面が綺麗で焼ける事が無いのが特徴です。

硬いものを切断すると、回転数を上げても切断時にはスピードが落ちます。これは転数を上げることで温度が上がり、硬さに変化が出てくることがあるからです。

チップソーは回転数が上がったり、硬いものを切断する場合でも温度が上がらず、火花が出る事もなく安定した切れ味を保つ事が出来ます。金属を専門に切断するチップソー、木材用のチップソートがありその耐久性、コストパフォーマンスから人気が出ています。

チップソーを高価買取してもらうポイント

チップソーは回りが鋸状になっている円盤状の切断機用カッターで、刃先は合金の超硬チップがロー付けされています。

何よりも切れ味が重要なことから、刃先が擦り切れていなく切れ味の良いチップソーが査定アップとなり、刃自体も汚れやキズ、サビがなくきれいなものが良いでしょう。

長期間使用するほど磨耗により査定金額はダウンしてしまいます。
使用期間が短いほうが刃先の欠けや擦り切れ、磨耗が少ないことから、少しでも新しいうちに買取してもらう方が査定金額はアップするでしょう。

チップソーは鉄筋、アングル鋼、各種形鋼の切断用として使用されますが、目的に合った使用をしていることが、買取してもらうときには高価買取につながることでしょう。

チップソーを買取したお客様の体験談

チップソー付属品一式

中古のチップソーを買取してもらいました。中古ということで値が付くのか心配していました。商品を発送し、査定をみたところ、思ったより価格がとてもよかったのでとても安心しました。あまり使用していない新品同様。箱やゴーグル、取扱説明書もあったので、高値で買い取ってもらいました。アマチュアの日曜大工用に購入したのですが、初心者でも使いやすいチップソーでした。はじめの2・3回は張切って、DIYを楽しんでいたのですが、仕事の都合や家族の行事が重なって、いつの間にか使わなくなり、倉庫に眠っている状態でした。年末の大掃除の時に「使わないなら捨てたほうが良い」と妻に言われ、まだ新しいのにもったいない、と思い電動工具買取ドットコムに連絡しました。スタッフの人の対応も良く、チップソーも梱包は自分でやりましたが、着払いで送ったので実質0円で助かりました。もっと早く買取しておけばよかったと思いました。今、自宅の倉庫にも使わなくなったものが色々あるので、電動工具買取ドットコムにお願いしてみようかな、と思っています。

代表的な製品

木工用のハウスビーエムのスカイカットチップソー、モトユキのグローバルソーファインメタル極薄刃、アイウッドの大口丸ノコ用木工用チップソー、チップソージャパンのステンレスカットソーⅡ、チップソージャパンの鉄とステンレス兼用であるチップソーダンク、ロブテックスの鉄用ステンレス用のエビ印ゼットフラッシャー、大見工業の充電式丸ノコ用チップソー135、ハウスビーエムのスライド丸ノコ用工匠チップソーなどが代表的です。

付属品やオプション品

ターンテーブル、トクマルチップソー、鉄用替え刃チップソー、チップソードラド、合板用替え刃チップソー、サーメリットチップソー(鉄・ステンレス兼用)、グローバルソー、パウダーチタンチップソーパワーメタル、サーメリットチップソー、ドライチップソー、木工用チップソー。その他様々な付属品を買い取っています。

チップソーの使い方

チップソーで金属を切断する場合、火花が少なく、切断に掛かる時間が短いと言う利点があります。

そのために火花が飛び散ると事故に繋がる建設現場、作業場なので使われる事が多いようです。チップソーは必要以上に火花を出すと超硬チップが磨耗してしまい、早期消耗に繋がってしまいます。指定されている回転数で作業するようにしましょう。

力を入れずに切断出来る様に設計されています。力をいれモーターに負担を掛けないように使うのが正しい使い方です。

チップソーの修理方法

チップソー 研磨

チップソーは使用すればするほど切れ味が悪くなるので、研磨機を使用して研磨しながら使用することが大切です。
切れ味が悪くなったからといってチップソーを交換するのは経済的ではないので、適度に研磨しながら使用しましょう。