今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
ダイヤモンドホイール

ダイヤモンドホイールの買取

ダイヤモンドホイール買取

ダイヤモンドホイールとは?

ダイヤモンドホイールとは

ダイヤモンドホイールとは、一般的に研磨用の砥石と言われています。つまり、何かを削ったり、研いだり、磨いたりする為の日曜大工用の工具の一つです。
ダイヤモンドホイールの形状は、ダイヤモンドチップを取り付けることが出来る回転板のことを表します。また、対象物を切断する為のダイヤモンドカッターなども、ダイヤモンドホイールの一種として使用されています。

形状とボンドと集中度と粒度と砥粒と5段階の仕様により、こうした性能が発揮される為、多くの電動工具に適する工具として使用されています。また、メーカーによって得意分野が違うのが特徴です。
研磨用のダイヤモンドホイールを粒度で選ぶ際には、16・20・30・40・50・60・80・100・120・140・170・200・230・270・325が「メッシュサイズ」で、400以上は「ミクロンサイズ」と言われています。

メタルボンドタイプのホイールには、金属がベースとなっており、耐熱性と砥粒を保持する力と耐摩耗性で長持ちするのが特徴です。

性能に優れたダイヤモンドホイールでも、何度も使用すれば性能が落ちる場合があるものです。その為、ダイヤモンドホイールを長持ちさせる為には、取扱説明書の指示に従って対象物を磨いたり、削ったりすることが大切なのです。
使用済みのチップやバイトをもう一度研磨するか新たに硬い工具などを作るかで、ダイヤモンドホイールの使用途が違ってきます。

硬い工具を使用して作業する場合は、レジボンドでしっかりと固定されている使用のダイヤモンドホイールを使用することがあります。砥石の硬さは、非常に重要でビトリファイボンドを使用しているダイヤモンドホイールが使用されることが多いようです。

さらに、使用する機械などに種類も異なりますが、平面研削盤、円筒研削盤、工具研削盤、万能研盤、精密研削盤など、加工する機械に合わせて様々なダイヤモンドホイールがあるのが特徴です。

ダイヤモンドホイールを高価買取してもらうポイント

ダイアモンドホイールは刃を取り変えることで、コンクリートやモルタル、貴金属の研削、研磨や切断に使うもの。金属、ガラス、シリコンなど高精度な加工ができる物もあります。

日曜大工に仕える安い物もありますが、プロが使用するものは高値がつきます。

高い買取を希望するのであれば、出来るだけ購入したときの状況に近づけるようにしてください。購入したときの箱、説明書、オプションもあればそれを添付してください。またセットで持ってている場合は、出来るだけセットのまま売るのがポイントです。また包装が付いたままの場合はいいですが、新品でも包装を外した後はさび付いたり、精密度が落ちる事がありますので、出来るだけ早く売却されるのをお勧めします。

ダイヤモンドホイールを買取したお客様の体験談

ダイヤモンドホイール 買取 体験談

解体工事の仕事をしていましたが、定年を迎え継いでくれる人もいないために、事業を閉める事にしました。

解体に必要な色々な工具がありましたが、自分の趣味で続ける日曜大工に使えそうなもの意外は、売ってしまおうと。ダイアモンドホイールはコンクリートやモルタル、タイルなど切断などに使っていました。

購入時にはかなりのお金を支払っている物だし、セグメントタイプのセット全部揃っています。セットの中には殆ど使用していないものも。電動工具買取ドットコムを始め、色々な工具を専門にしている買取店に電話してみました。

電話での問い合わせで、電動工具買取ドットコムの人が、話をしてもプロの様に知識を持っており感心しました。セットで持っていたもの、単品で持っていたもの、電動ダイアモンド者プナーも一緒に買取ってもらうことにし、かなりの高額で取引が出来ました。

電動工具買取ドットコムは全国にネットワークを盛っており、同じような解体の仕事や他にもダイアモンドホイールを利用する人たちが、引き続き使ってくれるようです。プロとしてダイアモンドホイールを使った後、きちんと手入れをしていたのも高い金額で買取ってもらえたポイントのようです。

代表的な製品

ダイヤモンドホイールは切断用、研磨用の両方が流通しており、中でも「イチネンミツトモ」は様々な工具とともに切断用ホイールを数多く展開しています。「RELIFE セグメントタイプ 29240」はその切れ味と5枚組で販売されているコストパフォーマンスが長所です。
また「SUN UP」が販売している「ダイヤシャープナー 超研王」は1枚で研磨と切断の両方を行える利便性を持ちながらも安価に落ち着いている点が高く評価されており、超研王シリーズとして広く流通しています。

付属品やオプション品

ダイアモンドホイールのオプション品として上げられるのは、ホイールの刃を磨く電動ダイアモンドシャープナーや、金属や鏡、ガラス面の仕上げ加工に使う、フェルト場布フェルトホイール研磨、研削セット等があげられます。

ダイヤモンドホイールの使い方

ダイヤモンドホイールの使い方

ダイアモンドホイールはディスクグラインダーに取り付け、レンガやウレタン、コンクリートなど硬いものを研磨したり、切断するアクセサリーです。

まるくなったボール盤の先に葉があり、そこにダイアモンドが練りこまれています。ホイールのサイズや厚さ、刃の形などでコンクリートのようなものから、ガラスや金属、シリコンなども綺麗に切断、研磨する事が出来ます。

値段はダイアモンドの配合によって差が出てきます。研磨するもの、切断する物によってホイールを交換し使います。

ダイヤモンドホイールの修理方法

ダイヤモンドホイールを修理する際にはドレッシングやツルーイングという作業を行います。

ドレッシングはいわゆる研ぎとなり、砥石でホイールを研ぐ方法や、軟鋼を切断することでホイールの鈍った部分を削る方法があります。

ツルーイングはうねったダイヤモンドホイールを削ることでまっすぐな状態に戻す修理方法となります。