今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
スクリュードライバー

スクリュードライバーの買取

スクリュードライバー買取

スクリュードライバーとは?

スクリュードライバーとは?

スクリュードライバーと聞くと、カクテルを思い浮かべる人もいるでしょうが、電動工具にも同じ名前の種類が存在しています。どのような工具なのかというと、簡単に言えばネジを締めるための工具です。通常手動でネジを締める場合には、プラスドライバーやマイナスドライバーを使用して行うでしょうが、1ヵ所や2ヵ所ぐらいであれば問題ありません。しかし、工場などでは同じ作業を何度も繰り返し行うので、手作業では効率が悪くなってしまいます。

そこで電動式のスクリュードライバーを用いることで、手動よりも圧倒的に早いスピードで作業を行うことができるのです。一般的によく知られているタイプは、ドリルやタッパーなどの同じような形をしている種類ですが、中には片手で簡単に操作できるような軽量で小さなタイプも存在しています。メーカーによってもいろいろな種類が出ているので、使用用途に合わせて用いる会社が多いと言えるでしょう。

似たような工具にインパクトドライバーがあるのですが、インパクトドライバーはパワーが強すぎるので、どのような材料にも用いられるというわけではありません。それに対してスクリュードライバーであれば、ヒビの入りやすいプラスチックなどのネジ締めにも用いることができるので、使用用途の幅が広い種類の工具だと言えるでしょう。しかも強さを細かく設定することができる種類が多くなっているのもスクリュードライバーの方なので、当然パワーもありますし、用途に応じてパワーの加減もできるのです。

主に工場で使用されているのですが、工場にもいろいろな種類があります。金属加工や組み立てなど、作業に応じて工具というのは使い分けが必要なのですが、大半の作業で用いることができる工具がスクリュードライバーなのです。値段も安い種類から比較的高価な種類まであるのですが、値段よりも性能で選ぶのがよいでしょう。やはりスクリュードライバーであっても、種類によって多少性能が異なっているので、購入するときには担当者に相談することをおすすめします。

スクリュードライバーを高価買取してもらうポイント

スクリュードライバーは工場内で使用するのが一般的ですし、場合によっては外で使用するケースもあります。ドリルやタッパーのように、切り子が出て汚れてしまう心配はありませんが、頻繁に使用をしていると、回転部分にほこりなどが溜まってしまうこともあるのです。そのため、高額買取をしてもらうためには、特に回転部分の清掃が欠かせません。

しかも回転部分には、多少油を塗っておくことが多いので、きちんときれいにしてから油を塗ることで、より長持ちしてよい状態を保つことができるでしょう。そうすれば買取依頼をしたときにも、高額買取してもらえる可能性が高くなります。後は付属品類をきちんと保管しておくことや、見た目をよくするための清掃をしてから配送することが重要です。

スクリュードライバーを買取したお客様の体験談

スクリュードライバー買取 体験談

自分は、マキタの製品が4点と日立の製品が3点とリョービのスクリュードライバー3点と全部で合計10点ありましたので、メーカーは別々ですが、全てを新しいスクリュードライバーに買い替える為、買い取って貰いました。

最初は、どのように買取って貰ったらいいのか分からず、電話で聞いてみたところ、出来るだけ多くの製品をまとめて一式出した方が高い値段で買い取って貰えることが分かりました。
一点だけ、ちょっと部品を交換した方が良さそうな製品もありましたが、こちらも問題なく買取って貰えました。

スクリュードライバーに限らず、仕事上、こうした電動工具を使う事は多々ありますので、正直、中古の機械の処分に困っていましたので、思っていた以上に高い値段で買い取って貰えて、とても嬉しいですし、助かりました。

もし、また不要になった電動工具が出てきたら、「電動工具買取ドットコム」さんに買取をお願いしようと思います。
インターネットのオークションで出品するのが、面倒と言う方にはとてもおすすめです。

四六時中仕事で忙しい私には、査定も買取もとてもスムーズに行きました。そのような意味でも、こちらの買取業者さんに査定を依頼して良かったと思います。

代表的な製品

リョービ(RYOBI)

BDX-2、充電式スクリュードライバ、LEDライト付き、手のひらサイズで軽量、日曜大工、DIYに最適です。隅うちにも適しています。

マキタ

FS453、FS453DRG,充電式スクリュードライバ、日本屈指のメーカー、プロも使用する高品質のスクリュードライバです。高回転、1充電あたりの作業量も充実しています。

日立工機

コードレスドライバドリル。軽量で握りやすく、非常に作業のしやすい工具です。

ブラック&デッカー(Black&Decker)

GYROスクリュードライバー。回したい方向に本体を傾けるとその方向にネジを締めたり緩めたりできる優れものです。

付属品やオプション品

各種サイズのプラスビット、マイナスビット、ポジドライブビット、六角ビット、フック、バッテリー、充電器、専用ケース、プロテクション用ゴーグル、充電スタンド、リチウムイオンバッテリー、など、様々な付属品やオプション品を取り揃えております。

スクリュードライバーの使い方

スクリュードライバーの使い方 ブラック&デッカー社

メーカーによって特色があるので、古い種類になると現在のスクリュードライバーとは動きが全く違います。

古いドライバーはワンタッチスクリュードライバーと呼ばれて、スイッチを握っても先端のビットのネジ部分は回転しません。ネジ部分を木材などに押し付けることで初めてネジ部分が回転しはじめます。

しかし新しいモデルになるとメーカーが様々な特色を打ち出していますので、取り扱い説明書を読みながら使い方を把握するのが一番です。

ブラック&デッカー社のように、回したい方向に本体を傾けるとネジが締められるというものもあれば、マキタ社ではプッシュドライブテクノロジーという技術で、押し込むだけでモーターが起動しネジを締める事ができるものもありますので、やはり、購入した後にはしっかりと説明書を読むことをお勧めいたします。

スクリュードライバーの修理方法

回転式の電動工具というのは、カーボンブラシを使用している種類が多くなっています。

そのため、パワーが急激に弱くなった場合には、カーボンブラシが減っていないかチェックしましょう。変えても改善されない場合には、メーカーや購入した店に修理に出すようになります。