今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
ケレン

ケレンの買取

ケレン買取

ケレンとは?

ケレンとは?

ケレンとはトタン屋根や階段などの金属に付いたサビや古い塗装などを取り除く、または建物などの外部塗装を行う際に、塗料が付き易く、また密着性が増すようにわざと塗装部分を傷つける作業です。この様に外部塗装部分に直接工具をあて、削り取ったり傷を付ける電動式の工具もまたケルンと呼ばれています。このケルンと言う工具の呼び方は作業から来ている物です。この様にケルンには塗装を行う際の準備作業としての意味、そしてその作業をしやすくする工具もケルンと呼んでいるのです。

ケルンの作業は幾つかの種類に別れ、それによって使う工具が変わってきます。

ケルン1種

塗装についているさびや腐食が激しい場合にサンドブラストによって取り除きます。ブラスト処理と呼ばれ、白けい砂、銅粒、銅砕粒を圧縮空気などで吹きつけ、その摩擦力でサビを落としていきます。

ケルン2種

塗装した部分が劣化し、さび付き腐食があるが、ケルン1ほどひどくない場合には、研磨ホイールを使うディスクサンダーケレン、パワーブラシ、空気圧の振動を使ったニューマッチ駆ハンマーで腐食や汚れを落としていきます。表面のサビは取り除けますが、奥に這いこんだ物は取り出せません。電動工具で入り込めないところは手動で落とす事になります。

ケルン3種

部分的にサビがある場合にはワイヤーブラシ、スクレーパー、やすりを使って落とします。

サビや腐食の度合いによって使う工具が変わってくるのです。
ケルンはサビを取り除くだけでなく、わざと表面に傷を付ける事で塗装の出来栄えを良くする作業の意味もあります。

この場合塗装を行う素材よって使う工具が変わってきます。しかし最近はマルチツールと言う形で、先端のパーツを取り替え様々な素材に対応出来る様になっているようです。塗装を行うときにこのケレン作業をするかしないかでは、出来栄えだけでなく密着性が高く、塗装が剥げずらい物になります。

塗装を塗りなおす場合も、ケルン3または2の段階で作業を行うと塗装、素材自体が長持ちする事になります。

ケレンを高価買取してもらうポイント

ケレンは鉄の部分に塗装を施す前に汚れや錆を取る下地処理の際に使用される工具です。この工具はハードな作業に使われるため、コンディションを維持するのは難しいかとは思われますが、やはりより新しく綺麗なコンディションであることは高価買取に繋がります。ビットの取り付け部分は緩んでいないか、モーターに不具合はないか、コードは絡まっていないかなどのチェックをしてみてください。

付属品が揃っていることも高額買取に繋がります。例えば、ビット部分の、スクレーパアセンブリ、コールドチゼル、スチーリングチゼル、タイルチゼル、六角軸、グルービングチゼル、ブルポイント、カーボンブラシなどが揃っていると、より高額査定へと繋がるかと思います。ハンドタイプの電動ケレンロングハンドルのオプションが付いているという場合にも高額査定になります。

ケレンを買取したお客様の体験談

ケレン買取 体験談

以前、塗装の仕事をしていた時にケレンを購入しました。トタン屋根や鉄の部分の汚れ落としや塗装の下処理としてすごく便利だったのですが、自営業を辞めて会社に入ったのでケレンなどの工具は全て会社の物を使用することになりました。

それなので今まで自分で買って長年使っていたケレンを使用する機会が無くなってしまいました。そこで売ることにしたのですが電動工具の中でもやや専門的な工具なので買取ってくれるお店を探すのに苦労しました。

さらに、住んでいる地域が地方とのこともありリサイクルショップ自体も少なく本当に大変でした。

実際、住んでいる県の1番都会とされる市内までくるまで1時間以上かけて出向いたのですが、使用感があることと店員さん自体がケレンの用途などを充分に理解しておらず労力をかけたにもかかわらず結果的に買取り不可でした。

そこでインターネット上で買取りなどのやりとりができるお店を探したところ、こちらのお店を見つけました。

ここは以前行った市内のお店とは違って専門スタッフが正しい査定をしてくれました。結果的に使用感があるのにもかかわらず、「本当にこんな高値でいいの?」という価格で買ってくれました。

未だに嬉しさとびっくりでいっぱいです。お世話になりました。

代表的な製品

マキタ 電動ケルン ハンディタイプ、長い取っ手が付いて天井などの汚れを取り除ける物などシリーズで販売されています。 
東京 オートマック チーゼルワイス(大型剥離、削り、サビ取機) 1-1,5mの振動で下地を傷めずにサビを取り除きます。垂直面、天井面のケルン作業が楽にできます。
日立工機 ケルンハンマ 軽くてコンパクト、変速機が付いているので素材、サビ具合によって打撃数が設定できます。

付属品やオプション品

タイルやレンガなど素材にあわせたスクレーパーや、スクレーパーに取り付ける長い取っ手などが付属品として上げられます。

スクレーパーの替刃、グラインダーの替刃がオプション品として一緒に購入する人が多いようです。

ケレンの使い方

ケレンの使い方

ケレンの使い方を簡潔にまとめてお伝えします。主にケレンの先端部分はプラスチックか樹脂か金属で出来ていますので汚れを落としたい箇所にあったものを装着します。

元々のケレン本体に先端の素材の異なったものが付属されていなくてもホームセンターに行けば数百円で売っています。あとはスイッチを付けて掃除機のようなイメージでなでるように掃除をしていきます。

ノズル装着の際や作業中の怪我や事故には充分に注意して行いましょう。

ケレンの修理方法

ケレンパワーが弱まっている際は内部のホコリなどの詰まりが原因の場合が多いです。作業ごとにしっかりと綺麗な状態にしておきましょう。

あとは、先端部分の装着不良が考えられます。しっかりと先端の状態は正しいのかを確認しましょう。