今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
DIYをされていた女子の方も電動工具を当店にお売り下さい!

女子DIYについて

女子DIYについて

DIYというとDo It Yourselfの頭文字をとった略語であり、自分でやるという意味があります。DIYは専門業者でない素人が工具を使い作業を行なうという意味合いが強く、女子DIYでは女性が行なうような事を意味し、インテリアなどを自作します。

女子DIYでは家の家具や壁などを自分で修繕するというような方もいますが、どちらかというと自分でインテリアを作り、自作アイテムをSNS上で公開して交流する、また交流のためのサークルもあり、みんなで作品を見て楽しむという側面もあります。

やはり男性がDIYするようなものよりも、女性のセンスが繁栄されるような小物や可愛らしい壁紙、オシャレな小棚などを作るようなことが多く、屋根の壁を直したり、外れたドアや階段を修理するなど、大がかりなことはあまり行なうことはありません。

女子向けの電動工具について

女子向けの電動工具というと、ボックスやボディがピンク色のものや、または電動ドライバー cocoon ADC-102WHのような卵のように小さくコンパクト作られている工具が良いでしょう。ピンクボックスドリルや柄がピンク色のハンマーがあります。やはり大きく重い工具よりは、コンパクトで使いやすい工具がおすすめです。

実用性を考えるならば、電動工具としては、最低限ドライバーとドリル取りそろえておくべきです。ドリルとドライバーの1つで2役のマルチインパクトドライバーや、コンパクトでパワフルなドリルドライバーもあります。

その他にも便利な道具としては、壁の配管を探す壁うらセンサー、木くずなどの掃除に便利なハンディクリーナー、メジャーなども使うと便利でDIYがしやすいです。これらの工具をしまうのには、カラフルなピンクや青の工具箱があります。

女子DIYの教科書について

女子DIYの教科書について

女子DIYの教科書としては、一番有名なもので「女子DIYの教科書 二子玉川tukuribaスタイル」があります。

これには、アトリエ用・リビング用・キッズ用DIYの紹介、木工の基本、ペイント仕上げについて、タイル加工や壁紙デコなどと、DIYを行なうのに基本となる簡単な説明が書かれています。

女性目先で親切丁寧に説明があり、小さいものをDIYするならば1時間ほどで仕上がります。オリジナル作品を25個収録しています。

その他にも、おしゃれな収納家具をメインにした「DIYで作る可愛い収納家具」、100円ショップSeriaの素材を使ってDIYを行なう「Seriaではじめる かんたんDIY」、道具から作り方まで基本を学びたい人のための「超基本DIY木工―使う道具の選び方から簡単作品づくりまで」などの本もあります。

女子DIY教室について

女子DIY教室に関しては、台東区にある浅草橋工房が開催する「女性のためのDIY教室」があります。

こちらでは、電動ドリルやインパクトドライバーを使用して、踏み台製作を行ないます。
基本は2名という少人数制になり、講座の所要時間は120分です。この中で工具の使い方や練習を行ない、最終的に踏み台作成を行ないます。

大阪の難波でもDIYスクールは開催されており、なんばパークスにある「DIY FACTORY STUDIY」が主催しています。

所要時間は1回2時間ほどとなり、その中で溶接ネームプレートや木のボールペンなどと、DIYといいながらも本格的なものを作っていきます。もちろん初心者でも参加可能であり、こちらも少人数制となり、スタッフが丁寧に教えてくれます。

このようなDIYスクールに興味のある方は、まずは予約してみてはいかがでしょうか?

女子がDIYで部屋作りをする際の注意点

女子がDIYで部屋作りをする際の注意点

100円ショップの出現と大型ホームセンターの都心部進出で、女性でも男性顔負けのDIYをこなす方が増えました。そこで『部屋作りをする際の注意点』をお伝えいたします。

①100円ショップを使い倒す

DIYならホームセンターを思い浮かべますが、先ずは100円ショップで商品調達して下さい。その際には部材だけでなく、工具なども購入可能です。(ちょっとした工具は200円や300円する場合もあり)

②張るだけでオーケー!

部屋の模様替えやキッチン周りだけの簡単なケースは『マスキングテープ・貼り付けタイル』のみで、あっと言う間に模様替えが出来ます。

③完璧を求めない!

いきなりハードルを上げてしまうと、失敗した時にやる気が失せてしまいます。失敗やミスデザインの一部だと割り切って行って下さい。

DIYをされていた女子の方も電動工具を当店にお売り下さい!

DIY女子がちょっとしたブームになり数年が経過していますが、その後の様子を伺い知るチャンスがありましたので、この場を借りてお伝え致します。

おしゃれな女性誌などの特集で『DIY女子』が扱われ、一過性のブームで終わった方が大半ですが、数パーセントの人たちは今でも続けられているようです。

部屋の模様替えを始めとし、エクステリアなどでウッドデッキまでもご自分で手掛けるほどの猛者もいらっしゃいました。

これらの大物を作業する場合には電動工具は必須アイテムです。また、女性の場合は目的の物を完成し終えたら、工具の使用頻度も相当下がるので、その場合は値の付く物などはいったん売却する事をお勧めします。

ホコリをかぶって古くなるよりも価値が高いうち売却した方が高価買い取りが期待出来ますよ。