今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
電動工具の使い方

電動工具の使い方

電動工具

建築関連や工場などお仕事に従事している方だけでなく、DIYにより一般の方々も多くの電動工具を使用しておられることと思います。
インパクトドライバーやインパクトドリル、電動丸ノコや振動ドリルなど、様々な電動工具があります。

とても一般的で多くの人達が利用しているインパクトドライバーは、とてもパワーがあって木材の連結に最適な電動工具です。
ただ回転するだけでなくインパクトが加わることにより、パワフルにしっかりとしたネジ締め、ナット締め、穴あけ作業が可能です。
使い方は簡単で、先端に工具をつけて引き金を引っ張ることによりスタートさせることができますが、最初は少しだけ引いて加減を見ることが大切でしょう。

充電タイプと電源コードタイプがあり、環境によって使い分けることができるでしょう。
インパクトドライバーとドリルドライバーの違いは、インパクトドライバーは回転と打撃の二つの力でネジを締めて、ドリルドライバーは回転だけでネジを締めるところです。

ドリルドライバーはビットを変える事で穴を開けることもでき、ネジ締めや穴あけどちらもできる便利な電動工具です。
インパクトドライバーは長いネジ締めが可能なので大型家具や工事に利用されています。
電動丸ノコは大工さんだけでなく、日曜大工でもよく利用されている工具です。

木材を好みの長さにカットしますが、高速でノコ刃が回転するので危険も伴う電動工具です。
使用方法をきちんと理解してから安全に使うことが大切でしょう。
電動丸ノコを持って動かしながら、固定してある板をカットしていきます。
振動ドリルはコンクリートや石材に穴を開ける時に利用される電動工具です。

ドリルが回転しながら、軸方向に打撃が加わることによって、回転して振動しながら穴を開ける事ができるので、硬いコンクリートにも穴を開ける事が可能です。
スイッチを入れて引くとドリルが回転しますので、最初はゆっくりしたスピードで真直ぐに穴を開ける事ができるようにすることが大切でしょう。
パワーが強いので、体全体の力で押しながら穴を開ける必要があります。

電動工具はコードレスの充電式タイプと、電気コードタイプがあります。
電動工具を使用する場所や環境によって、充電式や電気コードかどちらを選択するかを選ぶことができるでしょう。
電動工具はパワーが強力で、危険を伴う工具でもありますので、使用方法を十分に理解した上で正しく利用する必要があります。

>>電動工具による作業の注意点
>>電動工具を使う前の注意点