今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
電動工具とは?

電動工具とは?

電動工具

電動機を内蔵している工具

電動工具というのは、工具自体に電動機を内蔵している工具のことを指します。電動
機を内蔵しているということは、電気で動かすことができる工具ということも大前提
となっているのです。電動機を内蔵しており、電気の力で動かすことができる工具で
すから、手動の工具に比べてかなり効率的な作業が可能になります。しかもパワーが
かなり異なるので、さまざまな現場で使用されています。特に多くなっているのは、
食品加工などを除く製造業でしょう。工場で仕事をする場合には、無くてはならない
存在だと言えます。

主に工業用として使用されている

電動工具は1920年代に日本国産の物が製造され始めたと言われており、戦後から急速
に電動工具の種類が増加しました。現在ではかなりの数が存在しているので、使用用
途に応じて使い分けられることが多いでしょう。同じような用途で使用する電動工具
であっても、パワーに差が出てしまう場合もあれば、大きさが異なる場合もあるので
す。適切な環境で使用しないと、電動工具の力をしっかりと引き出すことはできませ
ん。しかも頻繁に使用されているので、比較的傷みやすいという特徴もあるのです
が、多少の痛みであれば買取依頼が可能な業者も多くなっています。

多種多少な種類が存在している

電動工具の種類はかなり多くなっていて、現在では同じような使用用途の物であって
も、相当な数が販売されています。そこでどのような目的で使用される電動工具が存
在しているのか、見ていきたいと思います。大半の工場で使用されているのが、穴あ
けを行う電動ドリルでしょう、電動ドリルは先端の刃を変えることで、さまざまなサ
イズの穴をあけることができますし、種類によってはねじ切りタップを取り付けて、
回転方法を変えることで、ネジを切ることが可能になります。他にも振動ドリルや電
動ハンマーなどがありますが、これらの電動工具は、コンクリートを砕くために使用
されています。機械加工や板金加工を行っている業者では、グラインダーをよく使用
するのですが、このグラインダーも電動工具の1つです。人によってはサンダーと呼
ぶ場合もあるのですが、基本的には同じような種類です。

大型の電動工具

電動工具というと、コンパクトで取り扱いも簡単というイメージを持っている人もい
るでしょう。しかし、電動工具はコンパクトな物だけではなく、比較的大型の物も存
在しているのです。どのような物があるのかというと、丸鋸が有名なのですが、丸鋸
は手に持って作業を行うのではなく、地面に置いて使用します。よく知られていると
ころではチェーンソーも大型の部類に入るのですが、やはり電動工具は基本的に小さ
めなので、小さめの中でも比較的大きい種類と思っておけばよいでしょう。バンド
ソーも大型の電動工具ですが、両手で持って作業をする、床に置いて作業をするよう
な電動工具は大型と考えて問題ありません。

電動工具の現状

現在では、電動工具はなくてはならない存在となっていますが、特に製造業や建築
業、林業などでは必要不可欠です。これらの業種は、電動工具が無くては全く仕事に
ならないと言っても過言ではありません。特に製造業ではかなりたくさんの電動工具
を使用するので、工場で働いたことがある人であれば、必ず電動工具を複数見たこと
があるでしょう。よって現状では欠かせない存在と言えるのですが、今後も新しい電
動工具が開発され、いろいろな業種で活躍することは間違いありません。