今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
電動工具の盗品の買取は出来ません!

電動工具の盗品の買取は出来ません!

盗品駄目

盗品の買取ができないのはどこでも当たり前

電動工具というのは盗品が多くなっていますが、一般宅から盗まれるということは殆どありません。なぜなら一般宅には侵入するのが難しいですし、電動工具を1品しか所有していないという人も多く、盗んでしまえばすぐにわかってしまい、警察に連絡されてしまうからです。その点工場などの会社の場合には、電動工具が1つしかないということは少なく、大半の会社では複数台用意されているため、1つぐらい盗んでもわからないことが多いのです。しかし、どこから盗んだとしても犯罪であることに変わりはないので、当然盗品の買取は一切できません。

なぜ電動工具は盗品が多いのか

電動工具は盗品が多いのですが、その理由としては、盗んで売っても発見されない可能性が高いこと、会社の待遇や自分の置かれている立場に納得がいっていない、もしくは上司や社長などを嫌っている人が行うことが多いのです。しかも小さい電動工具も多く、簡単に盗み出せるというのも理由の1つでしょう。実際電動工具の盗品が相次いでいる企業も多いのですが、その多くは大手企業ではなく、中小企業となっているのです。もちろん大手企業でも被害は出ているのですが、大手企業の場合には見学者や依頼主を装った人、もしくは依頼主自体が盗み出すことが多く、中小企業の場合には社員やアルバイト、派遣などで働いている人が盗み出す傾向にあります。

査定時にはきちんと確認をしている

最近は不景気な時代が続いていて、しかもありとあらゆる税金が引き上げられてしまったため、国民の生活が困窮しています。このようなときには、盗品を売って儲けようと考える人も出てくるのですが、電動工具の盗品を見分けるのは、素人では難しくなっています。しかし、電動工具の種類によっては、個人が本来所有することがないような物もあります。このような電動工具の買取依頼があったときには、査定時にきちんと確認を行っているので、盗品であるかどうかはプロであればすぐにわかるのです。

付属品がない場合には怪しい

盗品かどうかを見分けるのはとても難しいのですが、電動工具というのは一般の人が所有している可能性が低いと言えるでしょう。また、所有していたとしても、1品だけしか所有していないことが多いので、1度にたくさんの電動工具の買取依頼をしてくる人、1品だけであっても立て続けに買取依頼をしてくる人、毎回付属品が揃っておらず、電動工具本体のみを査定依頼してくる人に対しては注意しています。電動工具は普通に使用することができれば、多少の傷や汚れがあっても売ることはできるので、買取依頼も多くなっていますが、大半は企業からの依頼であり、小さな電動工具であれば複数台まとめて買取依頼をしてくることが多いのです。買取依頼の際には個人情報を頂いているので、盗品であればわかりますし、盗品だとわかった場合には、それ相応の対応をさせていただいています。

古物営業法で管理されている

実際盗品かどうかを見分けるのは難しいと言われていますが、電動工具に関わらず、商品の買取を行っている業者は、勝手に営業をすることはできません。必ず都道府県の公安委員会に届け出をおこなってから営業しているので、常に公安によって管理されていると思ってよいでしょう。よって盗品を売ろうとした場合には、すぐに発見されてしまうため、絶対に売らないこと、そして盗まないことが重要です。特に近年では電動工具の盗品が多いことからしっかりと確認をしているので、盗品の買取はできません。