今すぐ無料査定 お問い合わせ年中無休!
東北の復興工事に向けてリユースを!

東北の復興工事に向けてリユースを!

東北

東日本大震災から早くも4年が経過するようになりました。

その間に様々な復興支援活動が行われてきましたが、今でも大きく話題として取り上げられるのは原発に関するニュースばかりですが、東北地方の復興はま だまだというところです。

鉄道や道路などのインフラはかなりの割合で回復を見せているものの、まだまだ仮設住宅での生活を余儀なくされている人々はまだまだ10万人近い状況となっています。

政府ではこの災害からの復興のために多くの予算を割り当て、国民からも特別に税を徴収し、そして最近では郵政事業のIPOを行ってその財源としていますが、実際のところは復興のための予算は使いきれずにダブついているとも言われています。

その主たる原因は、カネはあるもののヒトとモノが不足しているということです。物資が足りず、重機が足りず、それを動かす人、計画を立てる人が足りません。その上、伊勢・志摩でのサミットやラグビーのワールド カップ、そして東京オリンピックなど大型の国際行事が次々と決定し、土木・建築業や関連業は常に引っ張りだことなっている状況で、どこに行ってもこのヒトとモノが不足している状況です。

業界が活況なのはいいことだと思うのですが、復興を待ち望み、今も不自由な環境の中で暮らさざるを得ない人たちにとってはたまったものではありません。一刻も早い復興を望んでいるにも関わらず、様々な都合によって遅れるしかないのなら何とも言いがたい心情ではないでしょうか。生活の不自由を感じている現地の方々からは、現状を嘆く声や復興計画や実行レベルのつたなさに不満の声も上がっています。

私どもは、電動工具や機械の買取によってリユースを促進し、そうし た東北の復興工事に役立てられないかと考えています。

復興に必要なのは、業者がするような大型の仕事だけではなく、道具さえあればハンドメイドでできる仕事も少なくありません。今日も、志あるボランティアやNPO団体などが東北地方に足を運んでは、地元の有志たちと共にできる活動を行なってくれています。そうした個人や団体は貴重な労働力を提供してはくれますが、資金面では厳しい中で運営されていることも少なくなく、リユースによって良い道具や機械が手に入れば復興活動の効率もより上がるのではないかと思います。

地元企業も復興のために努力をしているものの、震災によって工具や機械類は失われてしまったことも多く、なかなか元のように仕事を進め ることは難しくなっていることと思います。

ですから、今、日本でリユースによる需要が最も高い地域は東北であり、そこに多くの工具・機械が集まらなければなりません。

ちなみに、土木建築業だけではなく、多くの事業者で多くの資産が失われ、日常業務を円滑に進めることが難しい現状が残っているそうです。また、地元の事業者の仕事がこのトラブルの間に他地域に奪われているという様子もチラホラ耳に入ってきます。

私どもは地方に拠点を構える企業ではありますが、同じ地方部と考えるならば、こうした中で事業を続けるその難しさは想像に難くありません。だからこそ、何かできる協力は惜しまないつもりです。

もしも、皆さんのお手元でご不要になっている工具や機械がありましたら、東北の復興のためにも是非当店までお譲りください。ご不要なものだとしても、環境が変われば非常に有用なものとなる場合があります。

リユースを通してよりよい資源分配が成されることを願いながら、当店は今後も誠心誠意、買取事業を行っていきたいと思います。

まだまだ東北地方では、電気屋さんが大工の仕事など本業以外の仕事をしなければ生活ができないとい うような状況も多く残っており、一刻も早い復興が望まれます。

阪神・淡路大震災から現在のように完全に復興を見せるまで20年かかっています。東北も数年では終わらず、このまま長期戦に入ってしまうかもしれません。高齢者が多く、厳しい冬の寒さを持つ地域だけに、早い復興が待たれる現状です。

ぜひとも、私ども電動工具買取ドットコムと共に東北復興にご協力いただければと思います。皆様からのご支援ご協力を、宜しくお願い申し上げます。